読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

「信長協奏曲」第9話

 戦国時代のクリスマスパーティーか、、高嶋兄がホホッホーのサンタさんね、、このドラマの一番のカス部分がメインで出ちゃったから、今回のエピソードはこれで終わったなと思ったら、延暦寺焼き討ちにつないで山をずらしていたんだ!!。

 自分が交渉とかが苦手で、光秀@信長に逆代行頼んだ結果が「焼き討ち」。

 今更、俺が命令したんじゃないとも口が裂けても言えないサブローの切なさと、そんなサブローを気遣う帰蝶のやさしさなんかを、クリスマスパーティーとの明暗で上手く引っ張って来てる。
 それに延暦寺焼き討ちを、サブローじゃなく本物の信長の仕業にしたのは予想出来たけど、それを山田藤吉郎がそそのかす展開だったのは、これも意表を突かれたなー。
 自分の肉親を信長の初陣で殺された理由だから、その藤吉郎が町民や農民を巻き込む仕掛けをする筈がないと、勝手にchikaが思い込んでいたわけなのね。

 山田藤吉郎が、自分の復讐さえ出来れば何でもokな冷血キャラだったの忘れてた。ってか、そこまで狙って今回の構成考えたのなら凄いよ。
 しかし山田藤吉郎、半兵衛のマークが外れた途端にこれだ。次に狙うは、光秀信長の完全ダークサイド落ちだね、やるじゃん(笑)。

 それに次回はサブロー信長の秘密がばれるらしいけど、今回のエピソード見てると、一ひねりも二ひねりもありそう、楽しみだね。

f:id:saienji:20140306154853g:plain

  ↑ わぉ「茶巾縛りと茄子」だぉ、、。

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!