読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

スモウクローズ

 最近、予約の関係で変則的な早番のお仕事が続いているんだけど、それが全然気にならない。
 それと言うのも仕事先で、普段は絶対見ることの出来ない大相撲がリアルタイムで見れる事が出来るから。
 最近、モンゴルの若い衆の台頭が凄くて、でもって相撲界のトップは依然としてこれまたモンゴル勢、かたや大関陣は大一番に弱いくせに時々ひょっこり勝つタイガースみたいな稀勢の里豪栄道の日本人。
 この闘い模様は、三池崇史監督が好んで撮ってそうな暴力映画みたい。
 表で良い顔してる逸ノ城と悪童・照ノ富士は、裏でつるみながら全国制覇を企んでる在日外国人のチーマーみたいだし、彼らに対抗する同年代の日本のイケメン遠藤は、一匹狼みたいに格好いいけど人気先行って感じで実力は今のところイマイチ。
 そんな遠藤が密かに頼りにしてる組織の伯父達も外国マフィアのドン達にはまったく歯が立たず・・・って「スモウクローズ」とかのタイトルで映画とれそうだね(笑)。
 で小栗旬が遠藤で、ラストシーンの引きは、照ノ富士を辛うじて倒したもののボロボロになった遠藤が逸ノ城に向かってケリを入れようと走り出すシーンで次回作に続くとか(笑)。
 最近のオスモウ、そんな抗争的な人間ドラマが垣間見えてホントにおもろい。
 多分、日本人だけの純正相撲の時代には、真面目な人間ドラマはあってもこんな荒っぽいダイナミズムはなかっただろうな、、。
 でもオスモウだけでも日本人はもっと頑張らなくちゃ。
 只でさえ、変な所で海外での競争力をアピールしたがってるこの国の右傾化の流れはますます加速中なんだから。
 「風が吹けば桶屋が儲かる。」って、それなら「もしかしたら桶屋が儲かればこの国にも神風が吹くんじゃないか?」って妄想してる人間が蔓延しつつあるんだから。オスモウは、日本人が地道に頑張って横綱回復を目指すべし!


PS 三池崇史監督で思い出したけど日本人初のマーベリック賞受賞おめでとうございます。でもって次回作はヤクザバンパイアが登場する『極道大戦争』だって、三池崇史監督らしいなぁ。

f:id:saienji:20140927100502g:plain

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!