読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダー鎧武 第24話 「新たな強敵オーバーロード」

 とりあえずサガラは、今まで登場してたオーバーロードとは同一人物じゃない事が判明(笑)。

 でもオーバーロードが複数体いる事や、サガラがオーバーロード語を話すのと新たに登場した2体目のオーバーロードが人語を学習するのを考え合わせると、サガラだってオーバーロード種族ではないとは言い切れない模様。
 仮面ライダーシリーズに登場する多くの怪人は、「人間体」を持っているので、それを考えると可能性は更に大、、、なんだけど、虚淵脚本は油断してると、話がどんどん膨らんでいくからなぁ、、(笑)。

 サガラはオーバーロードなんかよりも更に高次元の存在だった、なんて事もざらにありそう。
 ・・しかし虚淵脚本の場合は、こーゆー転がっていく展開であっても、あんまし、それを推理するのが楽しいワケでもない所が不思議なんだよね。

 「まあ適当にやっててよっ」て感じ。

 小ネタ規模の場合だと「謎」の答えを出すタイミングが、それほど計算されてないみたいだし、それに「謎」自体が話の核心部分に深く関わっていないから謎解きがそんなに楽しくないのかな。
 それよりミッチが徐々に変質していく部分だとか、アダルトライダーチームの腹のさぐりあいとか、紘汰や戒斗の馬鹿さ加減だとか、そっちの方が面白いね。
 ビルの屋上で変身アイテムをずらりと並べながら、たった一人で、「ユグドラシル」や「ヘルヘイムの森」相手に世界救出作戦練ってるプータローって見たことないよね。
クウガにも似たようなシーンがあったけど、あれとは随分感じが違う)
 それとか相手にボコボコにされながら「相手を理解したいんだろう?俺の場合はこれだ」とか言って拳を見せる戒斗とか、馬鹿が極まってるんだけど、ここまで来ると、それぞれもう「味わい深い」馬鹿さだよ(笑)。
 問題は、それらの事を虚淵脚本が狙って意識して書いてるかどうかだよね。
 もしこれが逆の事を意図してて、結果が今みたいなのらな、ちょっとやばいかも(笑)。

 そうそう、ガロの新シリーズ-魔戒ノ花-が始まりしたね。

 てっきり前シリーズの道外流牙編の続きをやるもんだと思ってたから、冴島の名前が出てきてちょっとびっくり。

 どう考えても鋼牙とカオルの息子だよね雷牙って。
 しかも中の人も、三田村邦彦氏の息子さんで、剣を構えたりすると時々父親の面影にダブルから吃驚。

 その上更に、母親の中山麻理さんの顔の表情がちらっとでたりして妙な色気満載。

 最初はこのキャスティング、親の七光り?アクション大丈夫?って感じがしたけど、初回を見る限り、アクションの方もまあまあなんじゃないって感じ。
 それよりGAROワールドってか、雨宮ワールドがマンネリ化する方の危機感が強いなぁ。 

 今回、生きた女の子の魔導具が相棒とか設定は目新しいような感じもするけど、実はそれこそ雨宮ワールドでしょ?って感じだし。
 うーん、こーゆーのって長期化すると色々出るよね。

 仮面ライダーシリーズも、色々変遷したからなぁ、革新的ライダーもいたし、マンネリ焼き直しライダーもいた、GAROも同じ道をたどるのかな。

 でもGAROはマニュファクチュアみたいだからな、振れ幅が狭い分、苦しいよなぁ。

 

f:id:saienji:20130925094111j:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!