読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーエグゼイド第19話「Fantasyは突然に!?」&機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」

 エグゼイドの脚本って面白いですよね。

 しかーし、一年間に渡る展開を毎回バトル入れながらも、それなりに凄く上手く転がしてるなーって思う時が多いんだけど、褒めた途端に「何なのこれ?」みたいなエピがかなりの確率であるんだよねー(笑)。

 ライダーの場合、複数のライターの時なんかは、その差がきつ過ぎて、目も当てられないんだけど、今回は高橋悠也氏が一人。

 なので今回、「あーこれ、次に繋げていくいい手が思い浮かばなかったんだなー、」って感じ、苦肉の策でMと永夢の二重人格を使ってみたけど、内容的には上手く填らなかったみたいな。
 まあ絵的に飛彩の新変身に至る過程やバトルが描けてるんだから、何の問題もないと言っちゃ、何の問題もないんだけど。

 それにエグゼイドの場合、飛彩が主人公で何の問題もなく、永夢は脇でいいんじゃないかと(笑)。

 

 この「主人公誰か判らない」ムーブメントは鉄オル2にも波及してて、今は鉄オル2では、ガエリオが完全に主人公。

 思えば第1期、初頭に登場したマッキーとガエリオを思い出すと隔世の感があるなぁ。
 今はどうみてもガエリオが主人公、人の嗜好は基本的には勧善懲悪の単純なものだから、見せかけであっても複雑さを求める物語とは、構造的に何処かでぶつかっちゃうんだよね。

 ましてや「人間社会には正も悪もなくてあるのは、ただ立場だけ」みたいなスカした展開してる脚本ほど、最後に、その事自体に脚を浚われる可能性が高くなる(笑)。
 それにしても鉄オル、この2期で話を畳む感じだね。

 ちょっと展開、あせって荒くなってないか?

 せっかく、かなり深いところまで届きそうな展開だったのに、、。

 いや3期までやったら、逆に畳めなくなるか、何となく、この時期だから稀勢の里横綱にした、、今、横綱にしとかなきゃ永遠に無理って判断とよく似てるな。

 

f:id:saienji:20161220084333j:plain

 

 

仮面ライダーエグゼイド第18話「暴かれしtruth!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真意」

 エグゼイド、嬉しい予感の方が当たって、確かに面白くなりつつあるんだけど、時々、話の中心の核になる部分がよく判らない事が多いんだよねー。
 今、展開してる話では、永夢がゲーム病だって事が、そんなに一大事なのかなーって、思うんだよね。
 敵も味方も永夢がゲーム病だって判ったら大変な事が起きるぞー!!って右往左往してるんだけど。
 これって、癌治療に当たる医師が癌患者になったらストレスで即死するぞー!みたいな話だろ。大変なストレスなのは判るけど、それにしてもエグザイドでの使い回し方は、なんだかヘンだよ。

 第一、数話前によく似たエピがあって、そっちはちゃんと永夢と飛彩で格好良く乗り越えてたじゃん。
 他人には出来るけど自分には出来ないという現実というか、教訓話なのコレ?。

 誰か永夢のゲーム病を他の患者みたいにちゃっちゃと治して、普通の人間にしてやりなよ。

 永夢は変身できなくなるだけで、普通の医者としてはやって行けるわけで、何も問題ないじゃん。専門医は他にもいるわけだし。

 ってか仮面ライダーという番組としては問題なのか(笑)。

 まあ、この手の突っ込みは一例で、エグゼイドの場合は、前提自体が「えっ?そうなの、、」ってのが時々出てくるな。

 黎斗の「俺は神様だーっ!」も「えっそうなの?同じ、狂うなら、もうちょっと説得力を持ってゆるやかにやってくんない?」みたいな。

 ってかエグゼイドの場合は、話の展開基軸が、他の脚本とちょっと違うんだよね。

 例えば展開が異様に早くても、次の要素がどんどん繋いでいける構造になってるみたい。

 車輪走行を離れたリニア新幹線みたいなもんだから、外野で「この車輪は」って文句言うのか筋違いなのかも、でもそれが良いか悪いかは、やっぱり結果次第なんだけどね。

 

 展開と言えば、鉄オル2だ!ここに来て、めちゃめちゃガンダム自体が主人公になって来たやン!

 ガンダムアニメやん!

 最強のガンダムロボが3体もそろって、「恩讐の彼方」に向かってゴーバトルってか、白黒・赤青付けようやって感じのロボットアニメに転身中!
 もはや主人公化するガエリオや、ホントはミカの裏設定なラスボス、マッキーなんかどうでも良くて、それぞれが憑依したガンダムロボが、主人公のロボットアニメ。

 もしかして、この勢いだけでラストに突っ込んでいくのか(笑)。
 でもここに来て完全に脇役になってしまった鉄華団を、どうやってこの流れに呼び戻すんだろう。
 反乱革命制圧の大宇宙戦争が勃発して白虎隊みたいに自決じみた状態で全滅しちゃうのか、、大勢死ねば、孤児達の暴走も不問ってわけなの?

 それとも、今まで仕込んできた複雑な人間関係を利用した上での頂上決戦でケリを付けて、鉄華団のかなりの人間は生き残る?

 でもミカとマッキーはどう考えても無理っぽい。うーん、ホントにどう作品としての「落とし前」を付けるんやろ。

 あんなけ、タブーぽい内容(幼児への性的虐待とかも)に、アニメとして踏み込んだんだから、やっぱり、「ああ面白かった」のヤリッパは、いけねーよ。

 

f:id:saienji:20170131102128j:plain

仮面ライダーエグゼイド第17話「規格外のBURGSTER?」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前」

 敵モンスターの中にも実は良い奴がいて、、って時々、お目にかかるパターンは、仮面ライダー史では、かなり古くまで遡れて、その中でも有名なのはアマゾンのモグラ獣人ですかね。って事で、エグゼイドではバガモンバグスター(笑)。
 今回、それだけの話なんかい?って思ってたら、話の裏で微妙に黎斗の本当の陰謀だとか、永夢の秘密に、ジリジリと歩み寄ってましたよ。

 なかなか、高橋悠也センセー、見せ方、心得てるじゃんと思いましたね。
 なんか最近の仮面ライダーって「大人の鑑賞に耐えるような作品作っちゃいかん!」と上からの業務命令があるみたいだから、そこを何とか、かいくぐって脚本を、、、ってそうなの?
 で前回、褒めちぎった大我&ニコの漫才コンビは、ちょっとギャグが上滑り気味、、てか、笑い取ろうと肩に力が入りすぎなんだよ(笑)。
 でもまあ、最近のライダー脚本みたいに「これから話は大きく、動きますヨー」って大きく振っておきながら、中身はグダグダより、こっちの方が玄人ぽくていいし、期待して外された時もショック少ないし(笑)。

 

 展開の玄人と言えば、鉄オル2ですな。
 今回、「落とし前」というタイトルからは、カタルシスを追求したエピソードのように思ったんですが、これがまあ、なかなか一筋縄ではいかない構成で、しかも次の展開への足がかりになっているという、、やっぱり日本のアニメってレベルが高いです。
 見所的にも、表面はミカの尻尾殺戮なんですが、それにもまして裏で描かれる、ヒューマンデブリをペンチで圧殺し続ける昭弘の姿とか、「兄貴の仇」を討った筈のオルガの燃え尽きるような空白感の無言の描写が秀逸でした。
 前のエピソードとの関係で、今回のミカの役割を昭弘にそのまま、そっくり入れ替えても演出的には成立するだろうし、スカッと度は、そっちの方が高かったんでしょうが、あえてそうしなかったんでしょうね。
 それに鉄華団幹部の面々が、最後辺りに、これからの方向性についてオルガの意思確認をする場面があるんですが、これに対するオルガの答えに今までのような熱がない、、ってか、どこか説明的(笑)。

 でそんなメンバーたちから少し離れた所で座っているミカも、そんな事、もうどーでも良さげな所がねー、、、今まで見たいに「俺、オルガに任せてるから」って感じじゃないのよね。
 それで最後、ミカとオルガが二人きりになって、オルガが『笑いたいんだ。火星の王とかよ。名前はどうだっていい』『俺はよ。辿り着いた場所でバカ笑いしてぇ。みんなで一緒に』って本音言って、でミカが『いいねそれ』の笑顔、たまらないっす(涙)。

 なんかもう鉄華団全滅コース、確定ですよ。

 もう残る興味と言えば、誰がどういう形で生き残るか、、って感じですね。

 ああそれと、今回のエピでヴィダール仮面さんとこ、ガエリオ・ボードウィンのあの仮面、実は仮面じゃなく、ダミーヘッドじゃないかって気がしてきましたよ。

 でガエリオの本物の頭は、もちろん○○○の中に接続されている、、。


PS 「おんな城主 直虎」、ようやく子ども時代編が終わって柴咲・三浦・高橋そろい踏み、おっとちょっと露出が増えた市原も忘れちゃ行けない。

 心の底で「はやく、むず痒いから、おんな一休さん、おわってケレー」と毎回叫んでいたchikaの願いがようやく叶い申した!!

 これでやっと、今期のNHK大河視聴をリタイアするかどうかの判断に入れる。  chikaは「おんな城主 直虎」が、乙女ちっくなラブコメ大河でも良いと思ってるけど、それならそれで上質なのを見せて欲しいなー。

 下手に、なーんか、昔の歴史大河を部分的に気取って、どっちつかずのグダグダ見せられるのは、割り切り上良くないし。

 まあ今回見た限りは、直虎おめー「信長協奏曲小栗旬)」の帰蝶かよって、感じで楽しめたけど。

 

f:id:saienji:20170131102128j:plain

仮面ライダーエグゼイド第16話「打倒MのParadox」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の」

 何だか最近、エグゼイドって、にわかに登場人物達のキャラが立ってきたとゆーか、とても好ましい傾向です。
 ひょっとするとエグゼイド、ダメダメになった平成後期仮面ライダーシリーズの救世主になるかも知れないなー。
 NHK大河の「真田丸」がそうだったよね。

 「真田丸」って、歴史大河ドラマの正統な流れを、もう一度呼び戻したって訳じゃないけど、それなりに、その魅力をもう一度呼び戻して見せたのは確かだもんね。

 逆に、前にも書いたけど、主人公の永夢の方は、ますます幼児化ってか人格が希薄化して行ってますが、これも後々、ゲーム病の謎解きという話の展開の中で消化されるのかしらん?
 でとにかく、「患者の事情など知るか!俺は、お前が…!」とまで言っちゃった飛彩は定番として、意外な味わいキャラになりつつあるのが、軍用ブーツの大我先生ですな。

 chikaってば、この大我先生、脚本家さんが、設定上仕方なくて作った定番キャラで人間的な深みもなく、そのまま付かず離れずでライバルぽい立ち位置のままズルズル行くのかと思ってたんですけど、ニコを投入した時点で化けましたな。

 ニコ&大我、抜群のお笑いコンビじゃありませんか。

 chika、こーゆーの好き!

 最後辺りのニコが大我に、「なんか言えよ」で大我が「はぁ?」。

 ニコ「早く」、大我「覚えとけ。お前のガシャットはいずれ俺がいただく」でニコが「覚えとけ!私の主治医がお前をぶっ倒すから!」それを受けて大我が「主治医になった覚えはない」。

 で切れるニコ、「ふざっけんなよ!」、で大我が「何すんだ、てめえは!」の流れな。これおもろい!

 

 でエグゼイドが新しいお笑いコンビを誕生させた一方で、鉄オル2は、驚愕の展開のつるべ打ち、、、。
 って、前のエピソードもそうだったけど、わずか25分程度の時間枠の中で、ここまで「回す」か、、吃驚したよ。
 心の準備が整わないうちに、ラフタ死亡ですよ、、。
 まあ現実世界での物事の起承転結は、どちらかというとこんな感じで起こって、個々の人間の思惑なんか無視してある日突然、悲劇やトラブルが始まる、、っちゃそうだけどな。
 これで折角、苦い成長をした筈のオルガも、元の野良犬ぶりを(ミカの手前もあるのか、オルガよ)再発揮。
 しかし、一番、不幸なのはアキヒロやなー、弟のマサヒロを失って次は弟代わりのアストンで、、、その次がラフタ。
 こうやって考えてみると、仲間の死に一人超然としてるのは描写的にはミカだけ、、その代わり、実力行使でどんどん「落とし前」を付けていくのもミカなんだけどね。
 で次週のタイトルが「落とし前」、、そのままやんけ、、。でもアキヒロが、かなり、殺る感じだけどね。
 そうそう、今回のエピで一番、凄いって思ったのは、ラフタの殺害死体を発見したアジーの取り乱しの声優さんの演技!
 ホント、魂直撃って感じでした。

 

f:id:saienji:20170131102128j:plain

仮面ライダーエグゼイド 第15話 「新たなchallenger現る!」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」

 うーんなんか、この展開、主人公以外が全部、大人で、主人公だけが未発達児童って感じじゃん。

 あの大我でさえ、今の永夢と比べると、別次元でしっかりしてる。

 話の展開上とは言え、面白いなー、ハッキリ言ってユニーク。
 それに、一人の人間が精神分裂して闘う仮面ライダーってのも、よく考えたら、かなりサイコなんだよな。
 二人で一人の仮面ライダーWなんかは、「友情」を扱えるけど、こっちは、記憶混濁に分裂だからなー(笑)。
 それに、大我が割り出した永夢の隠された過去を考えると、永夢って完全な「被害者」でしょ。

 確かに、昭和仮面ライダーの王道は「勝手に改造された悲劇のヒーロー」なんだけどな、、それが今、曲がりくねってトンでもない所に来ちまった平成ライダー末期のこの時期に、再びみれるなんて、嬉しいというより、不思議な気分だよ。
 で今が15話か、、、うーん、これから先、どれくらい話をドライブできるか高橋悠也脚本、楽しみってか、頑張れ!

 

 って事で、話は鉄オル2なんだけど、新春お色直しで再出発と思ってたら第2弾で、いきなり怒濤の展開で泣かせに来ましたー!
 心の用意が出来てなかったので、不意打ちくらった感じ。
『聞けない相談だな。ラスタル様の隣に立つためには非情を貫き通す覚悟が必要とされる。全艦!敵強襲艦を砲撃せよ!』って、イオクのキャラをこんな感じで使うのね。
 昭弘の『なんで絞められなきゃなんねぇんだ…』ギャグなんかは、予想される定番だけど、イオクの『ああよろしいとも。奴らに王者の貫禄というものを見せつけてやろうではないか』のたわけ感覚から、自然に連なっていく非戦闘員への大虐殺、この使い方はなー、えぐいぜ、、。
 そりゃ、名瀬&アミダの死亡劇が、まったり進行にならない筈だよ。
 いや、かえってこの二人には、こういう演出の方が似合ってたのかな、、。

 マグネシウムのフラッシュパウダーみたい、、。
 それと演出と言えば、「無音」が実に効果的に使われてたな。

 一つはイオクが名瀬の「吶喊」にあたふたするシーン。そして名瀬&アミダの死亡を知った鉄華団タービンズ関係者の衝撃な、、。
 上手いわ。並の実写ドラマより上手くやってる。

 これから、この報復にミカとオルガが、どんだけ狂っていくか興味津々、、、多分、次回は「タメ」回、、たぶん意外と静かな感じか、、。

 それとイオクが生き残ってるからなー、そんなに直ぐにはスパークしないだろう。

f:id:saienji:20161227103353j:plain

 

 

仮面ライダーエグゼイド第14話「We're 仮面ライダー!」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話 「助言」

 この前の感想で「今時のライダーで、まともなモチーフ拾っても仕方ないんじゃない?」って書いたけど、後半のエピソード見てたら、吃驚するぐらいまともに話を回収しててかえって吃驚した。

 しかも主人公がゲーム病だっていう、次の展開への橋渡しもちゃんとやってたし、、なんだか昔の平成ライダー回帰版みたい、、って、それでもこれが続く気はしないんだけどね。
 しかし、今回見たいに、飛彩のオペシーンを挟んだり、白河の大人な葛藤をちらっと静かに表現したりとか、昔のライダーは、それなりにこーゆー演出ってか話運びをちゃんとやってたんだけどな、今となってはホントに今回のは貴重な感じ。

 でもひょっとしてエグゼイドだと、こーゆー回が何回かあるんだろうか?

 

 って事で、話は鉄オル2だ。

 こっちも、なんだか話全体に漂う空気感がちょっと変わった感じ。

 新OP・新ED映像のせいだけじゃないね。

 鉄オルの場合は、この空気感が、絶妙に変わっていくんだよね。

 政略中心、ヤクザ中心、神話中心、BL中心(笑)、、ベースは破滅へまっしぐらなのは変わってないけど、で今度は名瀬さんが、、うーん、名瀬タービンズと鉄華団の切ない抗争を予感してだけに、この展開はホッとしたような、余計に哀しいような複雑な気持ちになるなぁ、、。
 でもミカがマクマードのところでゴロゴロしてる時に、テイワズの内紛に気付いているから、これはやっぱり鉄華団が、テイワズVS名瀬抗争、あるいはギャラルホルンに突っ込んでいく予感、、でも今回は名瀬の死亡フラグの回避は無理っぽいな。
 多分、これを契機にしで鉄華団という集団が、飛んでもないスピードでぶっ飛んでいく為のブースト回というか、、。

 どう考えてもこの脚本展開で、鉄華団がジャスレイを直接手に掛けないで住ませる筈がないといか。

 しかしミカが何も学ばない主人公であると同様、オルガも、なんべん、周りの大人から「家族って事を考えろよ」って言われてるか、、それでも余り進歩がない。
 お互いを駄目にし合ってるミカとオルガは、別居すべきなんだけど、普段のミカは別居するにも完全介護の身体になってるからな。

 しかもミカが自在に動けるのは闘う為のバルバトスに接続された時だけだという、、なー。うーむ、オルガがミカを肩に担いで運ぶときのシーンな、、なんど見ても戦慄する。

 

f:id:saienji:20161227103353j:plain

仮面ライダーエグゼイド 第13話 「定められたDestiny」

 「相棒」辺りの脚本展開だと、今回のエピは「ゲーム病を治しても助からない患者」が重要な軸になるんでしょうけどね。

 エグゼイドの場合は「そんなの必要ある?」ってのが先に来るからなぁ。

 ちょっと「つまんでみました」なら、やらない方がましのような。

 それを象徴してるのが、あの三頭身ライダーな(笑)、最初に話題とったら、後は邪魔以外の何者でもないんだけど基本設定にぶち込んじゃったから、そう簡単になかった事に出来ない。

 なんか最近のライダー、そーゆーの多い、だぞ(笑。

 って事でエグゼイドの感想は終了、、実にあっけない、、。

 いつもなら此処で「鉄オル2」の感想がセットなんだけど、こちらはなーんか制作スケジュールの加減なのか、どうか知らないけど放映が一回パスですの。
 で、その代わりと言っちゃ何ですが「おんな城主 直虎」キターッ!(泣。
 なんだか、かなり多くの視聴者が「今度は最初からアカンやろ」と予測してて、それが素直に視聴率に反映してる感じやね。

 前に置かれた「真田丸」が、色々な意味で大きいと思うよな、、あんなけドラマをSNSとリンクされると、次はどうやったらイイの?という課題が(笑)
 まあ、それはさて置き・・・うーん、この脚本書いてる森下佳子って人、TVドラマじゃそれなりのヒットを飛ばしてる脚本家みたいなんだけど、その作品リスト見ると、chikaの守備範囲から全然、見事に外れてて、これは最初から、違う意味でアカン予感(笑)。
 でもなー、傑山やってる市原隼人とか、井伊直親三浦春馬とか目当てに、見てしまうかも、男で引っ張る「おんな城主 直虎」か。
 そうそう、第一回の放映見てたら映画のロード・オブ・ザ・リングシリーズを何となく思い出した。
 あーゆー感じで、NHK歴史大河を染め上げると、意外と面白いかもなー。

 

f:id:saienji:20161227103353j:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!