saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーゼロワン 第2話 「AIなアイツは敵?味方?」

 ゼロワン第2話の感想。良く言うと「これは面白さの松花堂弁当やぁ~」って感じで、悪く言うと「何処かで味わったことのある面白さのニュアンスを引っ掻き集めて均等に詰め込んだ」感じ。

 エイムズの刃 唯阿でさえ、アギトのG3ユニットリーダー小沢澄子とか、SPECの当麻と瀬文なんかを彷彿させたり(笑)。

 しかもそれを、見栄え良くスムースにやってのけてるから、良くも悪くも「これがゼロワンだ」ってガツン!と来るものがないという事なんだけどね。

 まあ始まってまだ二回目だし、五十話もあると、嫌でも話は転がって行かざるを得ないから今みたいな状態が長く続くとは思えないし、そこは乞うご期待って事で。

 

 監督は前回と同じく杉原輝昭氏。

 ライダーシリーズでは懐かしい、2台のオートバイ上のバトルを取り入れてましたけど、随所に新味が。

 とにかく、新しい事やりたいのよね、この監督さん。後半のバトルでもそれよく判るわー。
 仮面ライダーバルカンのエイムズショットライザーでコンテナ?に空けた穴からゼロワンが見えるカットなんか「この見せ方、どこで憶えてきたの?」って感じだったけど、こういうのライダーで見せられると、間違いなく楽しい(笑)。

 それと今回、ヒューマギアに対しての立ち位置を、或人と諫では真逆にしてるのが判ったけど、その判らせ方が、箇条書きみたいで、判りすぎて返って怖かったかな。でも低年齢層の視聴者にはこれくらいでいいのかも。

 個人的には、「或人の外れギャグに唯一反応する男」としての諫の側面を、単なるギャグ回しではなく、もっと深く掘り下げてもらいたい気もするけど無理か(笑)。
 ってことで、今回は内容とは全然関係のないことを書いておく。
 或人やってる高橋文哉君は、キャラ設定のせいもあるけど、マジ顔、キレ顔以外の場面では、なぜか千鳥のノブに似てるな~と。
 それと似てると言えば、最初から思ってたんだけど、ライジングホッパーの蛍光イエローの顔って、作りってか、構造がバッタよりか、あれ「般若の面」だよね。

 

PS 似てるって言えば、「ザ・ボーイズ」に出てくるセブンの一人、ディープは何回見てもイチローにしか見えないんだけど、困ったもんだ、、。

f:id:saienji:20190910111144j:plain

 

仮面ライダーゼロワン 第1話 「オレが社長で仮面ライダー」

 三十分にも満たない尺の中で、後に展開する謎をしっかり残しつつ、ほぼ全ての基本設定を紹介し終えましたなー。
 凄く練り上られた脚本、なんだかそれだけで感激しちゃいましたよ。
 この脚本書いたのは『仮面ライダーエグゼイド』&『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の高橋悠也氏。
 現代社会への突っ込みみたいなのが肌感覚である人みたいだから今後が楽しみ。 ミステリー小説書けるセンスあるよね。まあライダーでは実際にはあまり尖った展開はしないんだろうけど、脚本がそういう感覚を持ってるかどうかは、話作りに結構滲み出てくるものだからね~。

 それとライダーアクションも、今風っちゃ今風で好み。ああこれは監督さんの領域か。
 杉原輝昭さんて、この『仮面ライダーゼロワン』で初の仮面ライダーシリーズのメイン監督に就任?。
 やりたい事、一杯あるだろうなー(笑)。
 第1回見てる限りには、ハリウッド映画の最新映像カット手法とか、当然、マーベル映画辺りも意識してるだろうなぁ(笑)。
 流行の外国映画のニュアンスとかを引っ張ってくるのは、これ最近のライダーの傾向だけど、今回、アベンジャーズのトニー・スタークと宇宙刑事シャイダーの合成版かよ。トニー・スタークのアイアンマンスーツやってるのに「蒸着!」みたいな感じになっちゃうのは哀しいけどネ。
 これについては突っ込むまい。
 でも主人公のメンタルが相変わらず少年ジャンプなのは、仮面ライダーの譲れぬ伝統か(笑)。
 ここは一つ気張って、トム・ホランド版のスパイディぽくして欲しかったけど、それは仮面ライダーじゃ無理だよね。

 で今度の少年ジャンプマインドは、「俺は相手がAIでも笑わせてみせるぜ。だって俺を育てくれたのはAI父ちゃんだからさ!AIだって心が通じるんだー!それを踏みにじる奴は許せない!」みたいな。
 しかも、そのバックボーンになるのが山本耕史さんのヒューマギアパパ!
 奢った配役だなー。多分、回想シーンで山本耕史さん何回か出てくるんだろうけど、この配役だけは裏をかかれたって感じ。山本耕史さんと仮面ライダーってイメージ的に結び付かないよね~。
 それと虚を突かれたって程でもないけど「お笑い芸人型ヒューマギア」の腹筋崩壊太郎役で、”なかやまきんに君”が登場したのもなかなか。武田真治さんで見せつけられた「筋肉」の可能性を、またまた再認識させられたって感じです(笑)。 


PS ”鬼滅の刃22”は、柱のキャラが凄いね~。富岡ちゃんが柱から孤立してたり、みんなから嫌われて良かったよ。柱があれじゃあな、、。でも少ししたら柱の連中も徐々に炭治郎の事を認めていくって定番のコースなんだろうけど、とにかく、各キャラが濃すぎ。この感じはゴールデンカムイに似てるな。

 

f:id:saienji:20190905113522j:plain

 

仮面ライダージオウ LAST 「2019:アポカリプス」

 なんか、それらしいんだけど良く考えると、果てしなくワケワカメの最終回だったので、自分の頭の中で整理がつくまで感想書くの待っておこうって思ったんだけど、そうしてる内に、いつもみたいに「もうどうでもいいや」ってなってしまうので書いとく(笑)。

 今の理解だと、ジオウのメインテーマだった筈の「ソウゴとオーマジオウの自分対決」の決着は、①オーマジオウが世界の破壊者と呼ばれる由縁が明かされて、実はそれは「やむを得ない事情」があった。②オーマジオウはソウゴの通過点であって、同時にソウゴはオーマジオウの想い出でもあった。③最後にオーマジオウを通過したソウゴは新たな未来を創造した。・・・って感じなの?

 だったらそのオーマジオウと戦ってたゲイツツクヨミはどうなるの?って辺りは、平行世界が登場してチャラになるんじゃね?って話なのか?

 って、ホント、どーでもいいんだけどね。

 どう考えても制作側は超テキトーに話作ってるだろうし、それを視聴者が丁寧に補完して楽しむって言うのは、昔からの仮面ライダーの伝統(笑)。

 それにしてもジオウは酷すぎたけどね。

 今回は、最後に白倉伸一郎プロデューサーの文章を引用しときましょう。

 

あらかじめ、2つだけ懺悔しておきます。 1つは、いわゆる伏線回収がらみ。 ヒーロー番組としては異例な作劇をしてきたジオウ。ここ数話は、さらに一歩はみ出してます。 48話『オーマ・タイム』の門矢士の作戦が典型ですが、各登場人物が、視聴者の知らない情報にもとづいて動くのは掟破りなのです。 敵をぎゃふんと言わせるための仕掛けとして、誰かの企みを伏せておき、「じつは……」と後説で明かすのは常套手段。ディケイドがしれっと変身したのち、ウォッチに力をうんぬんと説明するみたいのはそれです。でも、48話全体は違います。ツクヨミライダーにはスウォルツさんもぎゃふんと言ったかもしれませんが、そのぎゃふんが何を意味するのか、視聴者にはまだ情報がないので、カタルシスはない。 こういう変わった構成になってるのは、設定が複雑すぎ、説明してたらキリがないので、まずお話を進めたいのが理由の一つ。 そうすると、どうしても説明漏れが出ます。 たとえば46話『オペレーション・ウォズ』でいえば、一同がなぜ白ウォズを頼ろうと思うに至ったか、そのくだりがごっそり落ちてます(編集でカット)。 その尺は、ドラマやアクションに回りました。もともと、説明よりもそっちを優先するための構成なので、それでいいのですが。 この手のことが、次回はもっと盛大に起きます。 最終回はいやおうなく尺が伸びるものなので、相当圧縮したはずですが、驚くほど入りませんでした。直近の47話や48話で振った謎すら、軽く3つくらい回収されずに終わるでしょう。 そのぶん、よけいな説明にまどわされずに、一同の最終回が楽しめるはずです。 もし補完が必要なら、放送後にいくらでもできますしね。

 

  白倉伸一郎プロデューサーに対する批判の意図はありません。

 昔はいくつかの仮面ライダーで、それこそホントに「楽しませて」もらった人でもあるし。

 でも、ズーッと同じように楽しませてくれるか、どうかは別なんですよね。

 人間は変わっていくものだから。

 なんか、この人、最近、マーベルのケヴィン・ファイギを気取ってるんじゃないの、って感じ。

 ファイギとはやってる中身は全然、違うのに。その勘違いが、人間を滅びに向かわせる、、。

 

PS しばらくして、ジオウの最終回について頭の中で、新しい整理がつくようなら、追加の文章を書くかも知れないけど、、、ないだろうな。

 とにかく、ジオウで頑張った若手俳優さん達には拍手を。

 何人、ビッグネームになるかなぁ、、それが楽しみ。もちろん、そうでない人にも、過去そうでなかった人にも拍手を!

 

f:id:saienji:20190827100102j:plain

仮面ライダージオウ  EP48 「2068:オーマ・タイム」

 

  最終回直前に最大テーマである因縁のオウマジオウを前に「僕を殺さないって分かっている」とか、そのオウマジオウが「どれ助けてやるか。」と過去の自分にのたまうとか。

 ソウゴの「自分対決」をはぐらかしに、かかってるな。
 この後に及んで、物語のゴールをスウォルツの野望阻止に入れ替えるのか?
 てか、ラス前に話の筋としては必然性がなにもないチェイス登場をやるくらいだから、全体の整合性なんてもう無視してるんだなー。

 継ぎ接ぎでもなんでもいいから小さなクライマックスが連続できて、話がとにかく転がっているように見えればそれで良いというか(笑)。その姿勢の延長。
 世間ではツクヨミが裏切ってどうのって話で、ちょっち盛り上がってるようだけど、オーラの時の演出を思い出すと、ヤレヤレって感じだな。

 で仮面ライダーツクヨミもなぁ、、それってホントに必要か?

 物語の5分の4まではオウマジオウに関してゲイツがキーパーソンだったんだけどな。ああそうか、物語が5分4まで来た時点で、ゴールが打倒スウォルツに変わったから、それでいいのか。知らんけど(笑)。

 

 ってことで最近の拾いモノはアマゾンプライムビデオの「ザ・ボーイズ」だな。

 これ同じ設定で日本でも製作できそうだけど、多分、「ザ・ボーイズ」には絶対ならないだろうな。

 予算とかコードの問題じゃなく、ニュアンスね。

 正義の価値観とかヒーロー観もあちらとこちらじゃ微妙に違うし。時々「ザ・ボーイズ」って、メディアのくせして自らメディア批判をしたいが為に作ってるんじゃないと思えるような所があったりして、皮肉が効きすぎてる。

とにかく娯楽作品作る時でも色んな面で腰が据わってるわ。だから見てて凄く面白い。

 それと「プリーチャー」がシーズン4に、これ途中から取り散らかり始めてどうなるのって感じだったけどついに最終シーズンみたい。まあそれでも面白かったけど。

 

f:id:saienji:20190731132610j:plain

 

仮面ライダージオウ EP47 「2019:きえるウォッチ」

 

  うーんジオウって視聴したその日の内に感想書かないと駄目みたい。
 後になると、吃驚するほど何にも心に残ってないからなー。
 見てる最中は、それなりに(訳が判らない)なりに、面白く見させて貰ってるんだけど(多分に新人若手俳優さん達の頑張りのお陰、もう甲子園野球に近い)、、。

 今回、記憶に残ったは二つ。
 その内の一つは、なんと言っても、門矢士の「憶えておけ、バナナはおやつに入らない」だなー。
 くそー格好いいー!って、、、って、コレってどーゆー意味?
 スウォルツの野望に関して、平行宇宙のルール上の事を言ってるような気もするんだけど、そこまでその事を厳密に設定を考えてたら、ジオウなんて昔から矛盾だらけなので、話数自体、ここまで辿り着けてない気がするし、、、まあこの台詞が回収されるかどうかは、お後のお楽しみ(笑)

 そして二つめの引っかかりが、クジゴジ堂の叔父さんが、壊れたライドウォッチをすごく意味ありげに二回も見てたこと。
 叔父さんは電王回で、なんとあの電王ライナーの時の機関部を直しちゃったから、今度もただ「時計直したい」欲望と、ソウゴ君愛に突き動かされてライドウォッチを修理しちゃうんじゃないの?
 脚本としては、そのタイミングを、どの場面に入れ込むかで、話の面白さが決まるよね。
 やっぱソウゴが絶体絶命の時に、「やったよ、叔父さん。これ直しちゃった。」みたいな(笑)。
 門矢士のバナナ発言が回収される確率より、こっちの確率の方が高そう。

 って事で、ジオウの感想はおしまい。

 それより「鬼滅の刃」が凄いなー。

 第19話のサブタイになってる「ヒノカミ」って、本編見るまでは、この話で「ヒノカミ」が出る余地ないよと、不思議に思ってたけど、なる程、こう来たかー。
 こんなアクションてんこ盛りの時に、炭治郎の過去や生活背景をぶち込んでくるのね。しかもアクションの方が盛り上がる形で。

 それと作画ね。特に戦闘シーンのヤツ、あれ初めてアニメ版ドラゴンボールの戦闘シーン見た時に感じた驚きと良く似てる。

 あれの正に和風版。カメハメ波の代わりに水の紋様(笑)。
 そして登場人物、ジャンプ力・走力とも優れすぎてサイヤ人レベル(笑)。

 それなのに全部が新しく見える作画が凄い。

 

 

 

f:id:saienji:20190731132610j:plain

 

仮面ライダージオウ EP46 「2019:オペレーション・ウォズ」

 物語に対する褒め言葉で「意外な展開で面白い」という言葉があるけれど、あれ実は「物事には辻褄という因果律があって、その多くのパターンを人は理解し共有してる」って事の裏返しでもある。
 だから「次はこうなるんだろう」と予測していたものに、違う答えを見せられるとえっ?となるわけだけど、これは辻褄や因果が意味あって連続してるって事の裏返しでもある訳で、その連続性を馬鹿にしたような「え?」を連発されると「、、、なんだかなぁ?」って事になるのだ。


 例えば今回のオーラの扱いなんだけど、「やっぱりオーラはスウォルツを裏切ったじゃん」までは、二転三転の展開なんだけど「私はウールまで犠牲にしたのに」なんて表情を見せられると、ハァって思っちゃうのよね。

 自分にとってウールがそれだけ思い入れのある人間なら、前の出来事は何だったの?と。(まあ今後、ウールが又登場して、あれは芝居でしたよーんとか言って出てくれば話は別だけど、そうならそうで、いい加減にしろー!って話だけど)

 人の気持ちの連続性からして、今回みたいなのは辻褄が合わないし因果でもない。最後まで悪い女のオーラなら今回の展開でもよかったんだけどね。話の展開上の同じご都合主義でも、こういう辻褄の合わなさは気持ちが悪い。

 

 なんでこんな「箱隅楊枝」を言うかっててーと仮面ライダージオウの脚本はそれが多いと、いうか、ないがしろにされてる部分があるって感じだったから(笑)。
 いやこれは仮面ライダー脚本の宿命みたいなものでもあるんだけど、ビルドなんかの場合は、そんな辻褄よりも「俺達の熱血、強い絆が命だぜ」みたいなので押し切ってたしなー。
 ジオウの場合は、よく見ると、そういう部分がどっちつかずで弱い。ほら最近、ソウゴが怨念に燃えてスウォルツを睨み付けてる場面が多いじゃん。ソウゴってそんな子?しかもその原因が付き合いの浅いウールとかオーラなんだよ?

 まあ色々な脚本上の矛盾を吹き飛ばす「押し切り軸」が弱いのに、毎回歴代平成ライダーを召還して、未来の悪い自分をやっつけに行く今の良い自分の話だけで、ここまで話を引っ張ってきたのは、立派っちゃ立派なんだけど。
 、、、なんとなく構成としては、毎回過去の英雄が絡んでくる幽霊になっちゃった主人公の仮面ライダーゴーストに近いのか。
 そいういやゴーストもchikaの中の超個人的ライダーランキングでは最低に近かったけどな、、。

 まあいいや、ジオウって一種のお祭り企画だからね。
 そういや令和の終わりにはまた、こんな企画があるのかな?てか番組残っているのか?

 

f:id:saienji:20190731132610j:plain

 

仮面ライダージオウ EP45 「2019:エターナル・パーティ」

 話はなんか一周して、「どこまでも人が変わらないなら、より良い未来なんかつくれるわけない!」みたいな、最初の頃のゲイツVSソウゴの未来論上の確執が元に戻っちゃった感じ。
 たしかにこの対立がある方が、ドラマチックにはなるんだろうけどね。
 傷つけ合っては和解し、その度にお互いの絆は深くなって→そんな二人に又新たな情況が生まれ、又、対立し←、、、ってサイクルを一体、何回見せられてるんだ(笑)。
 こいつら成長せんのか。
 思考停止のおっさんじゃないんだから、もっと柔軟な思考で突破口を考えろよとしか(笑)。

 

 そうそうchikaのオーラへの読みは全然外れてた。
 ってか、人間に成り代われるっていうロイミュード設定を完全に忘れてたよ。
 それでも元オーラ、平気でウールを見捨てたけどね。
 でもあの感じは昔からのオーラの動きで、特別違和感がなっかったよ。
 現実にもそういう女は結構いるし(笑)。
 それにしてもソウゴの腕の中で死んでいくウール、やっぱり悲劇中のカノジョじゃん。

 最後の別れの口づけくらいしろよ、ソウゴ!

 

 しかしジオウってあと四回くらいでしょ?
 こんなにスウォルツ話で風呂敷広げちゃって、オーマジオウの方は回収できるんだろうか。
 なんか吉本騒動の展開と同じで、後で出てきた問題の方が大きいから、問題が繋がってるのは繋がってるけど、最初のしでかしは大した事ないって、構造なの?
 まあ確かに、途中から門矢士を参戦させた時点で、単一時間軸設定がくずれて話をなんとでも振れる設定にしたのは上手いけど、やっぱり基本はソウゴの「最低最悪の魔王じゃなくて最高最善の魔王なる」だからね。
 そこは最低守って欲しい所。

 

 って事で、話は全然違うけど、アニメ「鬼滅の剣」は、ホント良くできてるなー。
 寸分の狂いもなく、少年ジャンプ的世界てか、その面白みのエッセンスをぶち込んでる。
 ってか、そのぶち込んでる姿勢に悔いとか衒いがないのが、清々しいね。
 あっそう言えば、第一七話のサイブタイは「ひとつのことを極め抜け」だった(笑)。

f:id:saienji:20190731132610j:plain

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!