読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーエグゼイド第14話「We're 仮面ライダー!」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話 「助言」

 この前の感想で「今時のライダーで、まともなモチーフ拾っても仕方ないんじゃない?」って書いたけど、後半のエピソード見てたら、吃驚するぐらいまともに話を回収しててかえって吃驚した。

 しかも主人公がゲーム病だっていう、次の展開への橋渡しもちゃんとやってたし、、なんだか昔の平成ライダー回帰版みたい、、って、それでもこれが続く気はしないんだけどね。
 しかし、今回見たいに、飛彩のオペシーンを挟んだり、白河の大人な葛藤をちらっと静かに表現したりとか、昔のライダーは、それなりにこーゆー演出ってか話運びをちゃんとやってたんだけどな、今となってはホントに今回のは貴重な感じ。

 でもひょっとしてエグゼイドだと、こーゆー回が何回かあるんだろうか?

 

 って事で、話は鉄オル2だ。

 こっちも、なんだか話全体に漂う空気感がちょっと変わった感じ。

 新OP・新ED映像のせいだけじゃないね。

 鉄オルの場合は、この空気感が、絶妙に変わっていくんだよね。

 政略中心、ヤクザ中心、神話中心、BL中心(笑)、、ベースは破滅へまっしぐらなのは変わってないけど、で今度は名瀬さんが、、うーん、名瀬タービンズと鉄華団の切ない抗争を予感してだけに、この展開はホッとしたような、余計に哀しいような複雑な気持ちになるなぁ、、。
 でもミカがマクマードのところでゴロゴロしてる時に、テイワズの内紛に気付いているから、これはやっぱり鉄華団が、テイワズVS名瀬抗争、あるいはギャラルホルンに突っ込んでいく予感、、でも今回は名瀬の死亡フラグの回避は無理っぽいな。
 多分、これを契機にしで鉄華団という集団が、飛んでもないスピードでぶっ飛んでいく為のブースト回というか、、。

 どう考えてもこの脚本展開で、鉄華団がジャスレイを直接手に掛けないで住ませる筈がないといか。

 しかしミカが何も学ばない主人公であると同様、オルガも、なんべん、周りの大人から「家族って事を考えろよ」って言われてるか、、それでも余り進歩がない。
 お互いを駄目にし合ってるミカとオルガは、別居すべきなんだけど、普段のミカは別居するにも完全介護の身体になってるからな。

 しかもミカが自在に動けるのは闘う為のバルバトスに接続された時だけだという、、なー。うーむ、オルガがミカを肩に担いで運ぶときのシーンな、、なんど見ても戦慄する。

 

f:id:saienji:20161227103353j:plain

仮面ライダーエグゼイド 第13話 「定められたDestiny」

 「相棒」辺りの脚本展開だと、今回のエピは「ゲーム病を治しても助からない患者」が重要な軸になるんでしょうけどね。

 エグゼイドの場合は「そんなの必要ある?」ってのが先に来るからなぁ。

 ちょっと「つまんでみました」なら、やらない方がましのような。

 それを象徴してるのが、あの三頭身ライダーな(笑)、最初に話題とったら、後は邪魔以外の何者でもないんだけど基本設定にぶち込んじゃったから、そう簡単になかった事に出来ない。

 なんか最近のライダー、そーゆーの多い、だぞ(笑。

 って事でエグゼイドの感想は終了、、実にあっけない、、。

 いつもなら此処で「鉄オル2」の感想がセットなんだけど、こちらはなーんか制作スケジュールの加減なのか、どうか知らないけど放映が一回パスですの。
 で、その代わりと言っちゃ何ですが「おんな城主 直虎」キターッ!(泣。
 なんだか、かなり多くの視聴者が「今度は最初からアカンやろ」と予測してて、それが素直に視聴率に反映してる感じやね。

 前に置かれた「真田丸」が、色々な意味で大きいと思うよな、、あんなけドラマをSNSとリンクされると、次はどうやったらイイの?という課題が(笑)
 まあ、それはさて置き・・・うーん、この脚本書いてる森下佳子って人、TVドラマじゃそれなりのヒットを飛ばしてる脚本家みたいなんだけど、その作品リスト見ると、chikaの守備範囲から全然、見事に外れてて、これは最初から、違う意味でアカン予感(笑)。
 でもなー、傑山やってる市原隼人とか、井伊直親三浦春馬とか目当てに、見てしまうかも、男で引っ張る「おんな城主 直虎」か。
 そうそう、第一回の放映見てたら映画のロード・オブ・ザ・リングシリーズを何となく思い出した。
 あーゆー感じで、NHK歴史大河を染め上げると、意外と面白いかもなー。

 

f:id:saienji:20161227103353j:plain

仮面ライダーエグゼイド 第12話 クリスマス 特別編「狙われた白銀のXmas!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話「天使を狩る者」

 10話にしてグラファイトが、ポッキリ退場かよーって、それくらいで驚いてちゃ行けないな。

 12話で監察医探偵・貴利矢、消滅!!

 殺し合いゲームの「龍騎」の時より主要キャラの退場率が高い、、、でその展開がサクサクしすぎてて吃驚した。

 普通、貴利矢クラスがお亡くなりになる時は、もうちょっと話を盛るもんでしょうが、これじゃ永夢の謎をブーストするためだけに、貴利矢を持ってきたみたいじゃん。

 で、貴利矢の欠番は、あのいかにも「天才少女ゲーマー」風の西馬ニコが埋めるんかね?
 高橋悠也脚本、このスピード展開で、話の重層展開して、大きな山場をガンガン、エグゼイドに持ち込めれば、この作品、大化けするかもって書いてきたけど、今回の貴利矢の使い回しは、「それ、ちゃうやん」って思わず言いそう。
 ああゆーのはね、他の描写がコッテリしてる時に、突如、投げ込まれると、凄く鮮やかに見えるものなの。
 まあ、最近見なくなった「雨降り臨終」だったのが、せめての慰めか、、貴利矢が一番、歯ごたえのあるキャラだったのになぁ。

 貴利矢抜いたら、エグゼイドに、人物描写パートなんて、あってないようなもんだけどなぁ。
 ところで、今回のエピ見てて思ったんだけど、最近、「ラノベ→アニメ化→実写化→ラノベ再生産」みたいなサイクルが出来つつあるような気がするんだけど、エグゼイドって「アニメ→実写化→脚本→エグゼイド」みたいな奇妙な感じがあるな。

 ヒットしたアニメの手法をパクって、ラノベの手法で、脚本を書いてるような、それで作った特撮ドラマ、、うーん、日本じゃアニメ以外の映画が育たないワケだよ。

 たまにヒットするのはシン・ゴジラみたいなカーブかかったのしかないし(笑)。

 

 とまあ、実質、日本のカルチャーの中じぁ「中心」に座ってしまった「アニメ」。

 この状況が良いのか悪いのか知りませんが、確かに「鉄オル」なんか見てると納得しちゃいますね。
 脚本の出来もさる事ながら、半身(縦)不随になっちゃったミカの姿を、ここまで淡々と確信を持って描写出来るんだから、しかも(誤解を恐れずに言うと)その、姿が、勇姿として格好良く見える、、と同時に、やっぱり居たたまれない。これは素直に、「表現」として凄いなと思う。
 確かに、鉄オルに関しては、重たいテーマを持ってくるふりして、実は「面白けりゃいいじゃん」の中身じゃないか?そうじゃないなら、話の展開と結末で、それを証明して見せろよーって、いつも書いてきたんだけど、今回のミカ描写みてると、もう、それだけで「判ったよ、、もういいよ」って感じ。

 なんてかロバート・キャパの一枚の写真の世界だね。
 それとミカ(=バルバトス)の戦いぶりに、心揺り動かされたのは視聴者だけじゃなしにマクギリスもそうみたいだね(笑)。
 第1期では、完璧冷徹最強かと思われたマクギリスが准将の地位に上り詰めて、微妙な良心の呵責というか、「緩み」で、弱さが出てたけど、ミカに純粋な「力」を発見して、迷いを完全に吹っ切ってしまった、、。
 ってか、それは、ミカやオルガ、同様、間違ってるんだけどね。
 嗚呼、鉄オルは「間違って突き進む人間」を描いてるんだ、、、でもこれ、「アニメ」なんだよ。
 ホントはさ、こーゆーの実写で人間が演じるべきドラマだと思うんだけどなぁ、、、それが実写ではノーサンキューになって、アニメじゃ出来るってゆー世の中も、なんかおかしくないか?

 

 

↓ 色々な意味で、「18禁」だから、お子様は読んじゃ駄目よ。

「シーメール精神鑑定医 指尻ゑ梨花 平行四辺形のファック・パペット」

f:id:saienji:20161227103353j:plain

真田丸 第50回 最終話

 歴史大河の最終回で、大泣きできないのは三谷脚本だから、と言う結論でOK?
 ただしこれは、批判や悪口じゃありません。
 三谷氏は、やはり喜劇作家だと思うのだけれど、彼の喜劇は悲劇と裏表で、哀しさが多い分量だけ、おかしみが多いという構造になっているんだと思います。
 氏の天の邪鬼な性格というより、おそらく、生来の反応なのではと思います。
 だから悲劇の反転も、強いメッセージ性を帯びているわけでもなく、ともすれば悲劇的状況の中で悲劇の特有の悲壮感や甘さに浸って滅んでいく美学に溺れたい人間には、三谷作品は「調子の狂った」感じとして目に映る。
 何を隠そう、chika自身がそうなんです。
 ただ過去に「新撰組!」と1年間付き合い、その後、何本かの三谷脚本の映画を見てきたから、ようやく三谷脚本の喜劇性の特質に気がつくようになった。
 まあ、その特質は他のドラマを鑑賞する上では、余り意味のない発見だけど、生きていく上では、少しは覚えておいた方が便利かも知れませんね。
 うろ覚えなのだけれど、外国のショービジネスに関わるある有名人物が語った言「貴方は(どんな悲劇に見舞われようと)人生を楽しまねばならない」風な、言葉を強く思い出します。
 信繁の最期の場面で彼が佐助に、「お前いくつになった?」といったやりとりでワザと自害シーンにおける緊張の連続を切るあたりは、「新撰組!」で近藤勇切腹したシーンのカット割りに比べて、三谷氏は、「悲劇としての物語を喜劇で壊す」という手法をより過激化させてるなぁと思いました。

 でも、かといって悲劇の正当性を軽んじている訳でもないから、信繁はやはり空を仰いで最後を迎えるんですよね。
 決して品のないギャグコメディで幕を閉じるのではない。つまり「貴方は人生を楽しまねばならない」、笑。

 とまあ、此処までは最終回に対する大まかな個人的評価と言うか、感想なんだけど、この最終回も細かく言えばいろいろありますね。
 特に、幸村と家康の対決シーンとか、見てて、「先を見ろ、時代を見ろ」と言う家康に対して、そんなことは「百も承知だ」と言いながら突貫する幸村、「アレ?三谷さんてこんな台詞を主人公に言わせる人だっけ」という感じが、強くしました。
 他の脚本家なら、こんな戦闘中に長台詞と感動説明をやるアニメチックな展開を惜しげもなくやるし、又、それが似合うんだけど、三谷さんはなぁ、、似合わない、、、って感じ。
 三谷さんの切れ味は、コメディタッチのとぎれた静寂の中に、今回の三十郎の涙の絶叫みたいなのをサラリと混ぜ込む所なんだと思うけどなぁ。
 それとか、、、うーん、三谷氏の脚本は、ネタ的に拾う所が多すぎて、感想書いても散漫になるから、これ以上、書きません(笑)。

 

 でも最後に、「真田丸」って、テレビドラマとSNSというかネットとの関係性を明確に浮き彫りにした作品であるという意味では、実に大きな一本でしたね。

 しかもそれがNHKの歴史大河ドラマだったいう事実が更に、大きい。
 この事を、評論家的に分析したり説明したりする人達が、今後、出てくるんだろうけど、こればかりは、見る人間の熱量の問題がどう推移していくかの話だから「論」を立てても仕方がないですね。
 でもまあ、「真田丸」は、NHK歴史大河という一つの様式に、引導を渡した形になったかも知れませんね。

 

f:id:saienji:20161129103506j:plain

 

 

仮面ライダーエグゼイド第11話「Who’s 黒い仮面ライダー?」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話「クリュセ防衛戦」

 いつも展開が速いエグゼイドだけど、ピリオドや転換点も「速い」。

 ポン、ってかチョンでおしまい。
 黎斗社長が自らを「黒いエグゼイド」だと名乗って、死のデータとやらを回収し、ゲームバトル世界は次のステージへ。

 でも今の所、日向恭太郎がいい人なのか、永夢に適合手術をしたのか、しなかったのか、ハッキリしてないんだよね。
 まあ、その辺を嗅ぎ回っていた貴利矢が、情緒的判断で日向恭太郎は白と判定したみたいなんだけど、、、まあ、やっぱり高橋脚本も、そのあたりは最近のライダー脚本の伝統を引き継ぐのかな?

 つまり、「視聴者の興味は引くけど、いつまで引きずるとややこしい事は、回収しないですっぱり切る」、簡単に言うとヤリッパなし(笑)。

 で、最後には話自体が何をやってるか分かんなくなって迷走しグダグダになるという例のアレね。ゴーストがその極みだったけど。

 エグゼイドがそうなるか、まあ未だ判らないけど、、、でもなぁエグゼイドってペラペラのトイズウォーズの絵図らだけど、意外に話が整ってるからまだ「見られる」感じなんだよね。

 それを踏み外すと「機関車トーマス」レベルになるんじゃない?まあ、別にどうでもいいけど。


 って事で、話は鉄オル2だ。
 こっちは「イオク厄祭」まつりでしたな。

 しかし此処までイオク・キャラを掘り下げ、固めてくるとは、脚本も楽しんでますね。

 で心配されていたマクギリスVSヴィダールですが、意外にヴィダールが大人でマクギリスの方が悩めるハムレットみたいな、、、てか「かって友人だった」という二人の関係を、これから脚本の中で、かなり深く掘っていくいくんでしょうか? この脚本。まあやろうと思えば、それくらいの事が出来る力量はありそうですね。
 で一方、ミカとオルガの関係も、なんとなく弱気になってきたマクギリス同様、オルガもミカだけは失いたくないのか弱気に流れ、でもそこは「命あげます」のミカは絶対にぶれず、、この二組のカップルの対比が面白いですね。
 ああ、カップルと言えば、ヤマギ&シノ、これはBL絶対確信犯(笑)。
 特にシノの膝に置いたヤマギの白い足、、、これはアニメ史に残るエロチックシーンですね。

f:id:saienji:20161220084333j:plain

f:id:saienji:20161220084403j:plain

f:id:saienji:20161129103506j:plain

真田丸 第49回 「前夜」

 最終話のいっこ手前で、きりちゃんを持ってくるかー、「さすがよのう、三谷幸喜」って感じでしたね。
 あれは、ずーっと真田丸を視聴し続けた人へのご褒美みたいな感じでもあったし(笑)。
 chikaも三谷脚本って、ちゃんと女性を真正面から描こうとしてないなって感じはしてたんだけど、そんな中、今回のきりちゃんの扱いは、特別扱い、、というより、なんというか源次郎の長年の「相棒」が、昇華した感じなんだよね。
 女性ってベースで、ドラマ的にきりちゃんを解釈したら「なんでやねん」って突っ込みが、今回だってあるんだけど「相棒」なら全然OKで、「よかったねー、きりちゃん」って感じ(笑)。(キスは生々しかったけど)
 前半の信之と稲の会話も、一応ウルッとはさせられるけど、本気でこのシーンを、三谷さんは、夫婦間の情愛として描いてるのかなぁ、多分、計算上の配置なんだろうなって感じが裏にあるもんね。
 やっぱり三谷脚本って女性を本気で描かないんだよ(笑)。

 それに対して、家康と景勝の会話とかは表面、軽いのに、三谷さんは本気で細心の注意をはらって、この場面を描いてるなってのが伝わりまくり(笑)。
 それとか、本多正信の知略というか権謀術数の恐ろしさを、後藤又兵衛あたりで実証してみせるとかね。

 それに加えて、三谷さんてホントは、このタイミングで、塙・又兵衛・木村・長曾我部が討ち死にしていくあたりの場面だって「そんなの描いておくの常道でしょう」みたいな感じで処理してて、実は、全力の本気の思い入れで描いてないんじゃないかなー、(あるいは、元からこーゆーのを重く書けないのか?)って気がどーしてもするんだよね。
「(ああ!白虎隊)、みたいなの嫌いなんだよ、僕。でも一応書くけどね。」って感じ。
 このあたりのエピソードなんか、他の脚本だったら、俳優さん達が鼻水涎ダラダラ苦悶の表情阿鼻叫喚で、もうアクセル全開のスゲー「感動の嵐」だったと思うんだけど(笑)。
 だって、この期におよんで、毛利ちゃんに、「なんで俺の所に誘いが来ないんだよー」とかのぼやきギャグさせてるし(笑)。

 

 最後の伊達政宗との心の交流の場面は、ネット上では「ずんだ餅」がらみで大好評みたいだったけど、chikaにはなんか唐突すぎてピントこなかった。

 折角良い幸村の「これでしまいか〜!徳川兵に真の武士は一人もおらんのか〜!」の台詞があったのに、それと伊達政宗のつながりというか、広がりがね、なーんか消化不良。

 歴史マニアの人なら、あの前後の描写だけで、幸村と伊達政宗のつながりがピピと判るんだろうけど、素人には「ここで、ずんだ餅まで持っていくなら、伊達政宗参戦状況を、もうちょっと過剰ギャグシーン省いてでも、入れといてくれる?」って感じですよ、正直言って。
 あー、それもあって、信之の「黙れ!小童!」もスルーです(笑)。

 あれで視聴者が騒ぐから制作側が調子に乗るんだよ。


 まあ、兎にも角にも次回で最終、、、総括するにはまだ早いけど、真田丸、歴史大河としてはどうかとか色々あったけど、十分、面白かったよ。

 

f:id:saienji:20161129103506j:plain

仮面ライダーエグゼイド第10話「ふぞろいのDoctors!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話「穢れた翼」

 えーっ、10話にしてグラファイトが、ポッキリ退場かよー、、ってのが素直な感想。

 なんたって先の仮面ライダーゴーストの、「敵キャラ無制限蘇り」の悪い記憶があるもんで、、しかも、今度も霊界ならぬゲーム界の話だからね。

 あれ、嫌なんだよね。あーゆー設定に手を出されると、途端に「話」の展開が、だらしなくなるから。

 「ああ退場?でもどうせ又、都合良く出てくるんでしょ?」みたいな(笑)。

 ほんとに、これでグラファイト消滅なら、ポキポキ折れた脚本展開だな。

 普通、続く「何か」に、話のバトンタッチをしてから、キャラって消えていくものじゃないの?

 これじゃ単に画面の賑やかしとして登場しただけじゃん、グラファイト

 あっ、それがゲームの本質なのか?ってそんな事、この脚本が言いたいわけないじゃん。

 えっ、言いたいの?最後の飛彩のとってつけた「敵を取ることに意味はあったのだろうか…」が、締めに来るあたりで、それは無いと思うんだけどなー(笑)。
「何か持ってる」感があった高橋悠也脚本だけど、これまでか、、。

 いや、もうちょっと様子をみよう。

 

 って事で話は鉄オル2だ。

 こっちの方は、お亡くなりになった各登場キャラが、話のバトンタッチをそれぞれ、しまくってます。

 ある生き様を背負った人物の死が、次の人物の生き方に影響を与えて、それでもって今生きてる人間達の思惑が、複雑に絡み合って、えーーー、もうわけ分かんなーい(笑)。

 そんでもって、それをモビルスーツバトルに集約して行く所が凄いね。
 ほんとエンタメの壺を心得てる。
 演出でも、今回のエピでは「ミカ、来たーっ」の場面を、ちゃんと変化させてあったしね。

 群体のプルーマに張り付かれて食い殺される感じのコックピット内の窓の光景の視点で見えるバルバトスの登場、上手いわー。
 この登場の仕方、いつもの派手さはないけど、今度の相手が怪物的(怪獣的?)ハシュマルである事を考えると、この湿った感が似合ってる。

 今回、話自体は「モビルアーマー(とは)、人を狩る天使達。そしてその天使を狩るために天使を真似て造られた悪魔・モビルスーツ。それを操るための阿頼耶識』の説明だけなんだけど、4分の1が判らないのに、人の機微と戦略については高速コンピュータ並のミカとか、ますます偉人化・成長していくクーデリアとか、ポンコツ過ぎて逆に好きになりそうなイオク・クジャンとか(笑)、それぞれにちゃんと血肉が付いてる。
 そして次回は、この局面でマクギリスとヴィダールの対面か、、、やるなー。

 

f:id:saienji:20161129103506j:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!