読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

真田丸 第33回 「動乱」

 三成が細川忠興を取り込もうと持参した手みやげの干し柿シーンの描写で、アラッと思いましたね。

 (この辺りの史実ってか、諸説別れる伝聞みたいなのがあるらしいですが)
 どうしてかと言うと、始めて昌幸パパが秀吉にお目通りをする前の献上品チェックで「毛皮は田舎臭い」と言ってそれを除外したのが三成だったんだよねー。

 つまり、三成には、対人関係におけるグレード感覚がそれなりにあった(笑)。

 でもあの頃、三成が自分の家に信繁を泊めた時の食事は、質素そのもの。

 基本、三成には、リッチな上司に仕えていても自分もそのお零れでリッチに暮らしてやろうって部分が全くない。良く言えば真面目、悪く言えば融通が利かなすぎ。
 つまり三成は仕えている人間がいると、頭が超出来のいいサーバントモードになってサクサク、物事をすすめるけど、いざ自分自身が主人公になって差配をし始めると、コスパ追求・合理主義が前面へゴリゴリに浮き上がって来て、対人関係におけるグレード感覚を何よりも優先する「渡る世間」では、三成には誰も寄り付かないという、、。

 でもそんな三成を良く知ってる加藤清正は、なんとか三成の力になってやろうとするんだけどヤンキークラスタと秀才君クラスタが混じり合うわけもなく、加藤清正の情けは三成の頑なモードに、あえなく撃沈。

 普通の脚本なら、この三成の孤立化を、一つか二つのエピソードで描くんだけど三谷脚本の場合は、見てる人間が苦しく、あるいは嫌になる程、数を重ねていくんですね。

 ここまで行くと、最初、「うんうん判るよ、辛いよね、三成」って思ってたのが、「三成、あんた病気なの?」って感じ(笑)。

 まあ秀吉の描写もそうだったけど、でも今回は「救い」がありましたね。

 ホップで加藤清正、ステップで大谷刑部、ジャンプで景勝と信繁。

 特に景勝の人気が急上昇なんだけど、あれはよく考えると、三成が孤立無援体制で、特攻的「義」を貫いたから、根性なしの景勝が共振して「本気出したら凄いんだから」モードになったワケで、あんだけ頑なになってしまった三成の心に穴を開けたのは、やっぱり信繁なんだよなぁ。

 それ、あんまり目立たないケド(笑)。

 あと昌幸パパの、えっ?三成、家康暗殺しようとしたの?ひーでぇー!儂、成敗しちゃおかな、で止めは「内府様のお命、身命を賭してお守り致す!」の胡散臭さは定番だけど、最後の最後に、「オイオイ、みんなが俺の言うこと聞くよ、チョー、気持ちいいー。俺、天下取っちゃおうかな。」って思ってる家康を、意味深にジロッって睨んで立ち去っていく所がなーー、やっぱ凄いわ。

 主人公が「真田」だって事が、久々に思い出さされる予感。

 、、、まだ予感だけどね。

 あくまで真田丸の主人公は「真田」だから、そこんとこ頼みますよ、三谷さん(笑)。

f:id:saienji:20160810091215j:plain

 

 

 

 

 

仮面ライダーゴースト 第45話「戦慄!消えゆく世界!」

 おおっ暗い、これは長谷川?

 おおっタコ焼き出た、これは長谷川?

 で、いとも簡単にビルズ社長をイゴールから開放、あのグル設定を早く終わらせたかったのね。

 で、最後にクレジットを確認、やっぱ長谷川脚本だったー(笑)。


 うーん、一つの話を三人の脚本家が「あっち向いてホイ!」進行でやって、表面だけ辻褄会わせるから、話の方は、もう何が何だかワケワカメ。
 でも少なくとも、長谷川脚本には宗教入ってないから、同じ「つまらん」でも、タケル教祖光臨キラキラーがないぶん、落ち着いて「面白くなーい」って言ってられるな。
 それに今回は、ダークマコト兄ちゃんのシスコン魂発現と、その反転シーンがドキドキしたなー。やっぱ、首絞めなかったネ、良かった良かった、アレ朝から見るにはエログロ過ぎるから。
 それにしてもカノンちゃんの「私のやれる事をする」は、タコ焼き買いに行く、おつかいだったのね、、よしよし。

 しかしビニール袋の中、すーげー量だったな、あれオヤツじゃなく食事レベルだった、、。

 

PS イゴールが、行きがかり上のラスボスになるって予想してたんだけど、これは外れたなぁ。

 フツーにアデルで引っ張るみたいだ。

 まあ考えたら、今更、話の展開を捻って面白く見せるなんて気持ちは制作側にはないだろうし、このままアデルが最後にタケル教に改心させられた上、消滅、、みたいなパターンかな。

 まあどうでもいいけど、、、普通に終わってくれたらそれでいいよ。

 もう今更、最終話に向けて異様な盛り上がりとかされても返って困るし。

 今回ゴーストの収穫は、どんな新人の子でもライダーで一年揉まれたら、ちゃんと台詞が喋れるようになるって事を、改めて西銘 駿君で証明してくれた事だな。
 今までの伝説的下手は要潤君ですが、要潤君もなんとかなったモンね。

 なんか判る人には判るだろうけど、アギトの時の氷川誠と、ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子の倉島敬一郎ってキャラベースが凄く似てるんだよね、お姉さんとしては、ちょっとムフフしてます(笑)。

 そうそう、仮面ライダーエグゼイドのデザインが新奇なのは、今までの仮面ライダーデザインって、どんな無茶デザインでも、基は「人間ライダーの変身」で仮面コスを付けてるんだけど、今度のは、「アニメORゲームキャラをそのまま実体化しました。」感があるからなのね。

 特にあの髪の毛のデザインね。
 アトムとか009とかのヘヤースタイルって、実写化する時にムリが出るんだよね、あの感じ(笑)。

 実物になって、動き出したらどんな風にテレビ画面に映えるのか、今、一番のお楽しみ(笑)。

 

f:id:saienji:20160810091256j:plain



真田丸 第32回 「応酬」

 秀吉亡き後、家康と三成の対立構造が鮮明に、とは言うけれど、力量的に見て「対立」になってない所が見ていても苦しいですね。

 それなりに「義」は、三成にあるんだけれど「現実面の正義」から言っても、政治的実力からしても、全て家康が上回っているわけで、こうなると後は物理的な軍事力で決着を付けるしか方法が残っていないワケで、、、。
 敗北既定路線に一直線に進むこの方程式、やっぱこの展開、「新撰組!」やなぁ。

 近藤勇を支えていた土方歳三役が山本耕史さんやし、、まあ真田丸の場合は、新撰組が一直線に崩壊していく過程より、もうちょっと一波乱も二波乱もあって、第一、主人公が真田って事で、「滅び」だけがクローズアップされないで済むんだけど、、。

 しっかし、今回の、ってか最近の信繁って完全にデクノボウ化してますね。

 一応、主人公だから物事が動き出す場面には登場するんだけど、完全に、手も足も出ない「観察者」状態。

 まあ、今までの大河ドラマ見たいに、主人公がアリエナイ活躍をするのよりもましだと想うけど、三谷脚本の場合は、この「無能な信繁」をワザと描いてるんじゃないかとさえ思えるんですよね。
 つまり秀吉が生きてたら、まだそれなりに活躍出来る信繁だけど、仕える上司が「三成」だと、信繁の才気は完全に死ぬんだよー、だからお前ら「上司は選べ」と、三谷さんが言ってる見たい(笑)。

 勿論、部下は上司を選べません(笑)。それどころか、信繁の場合は秀吉に「三成を頼む」と呪いをかけられていますからねー。
 しかしこんな閉塞感バリバリのドラマって、最近の視聴者の好みに合うのか知らん?

 三谷さんの事だから、コメディ要素でそこは乗り切ろうと思ってるんだろうけど、、。
 確かに朝鮮半島から帰ってきたマイルドヤンキー加藤清正と三成の「飲む飲まん」のやり取りの下りは面白かったんだけどな、、。

 

 そうそう、最近、細川忠興などの新キャラがどんどん投入されてきて、そっちの方も注目だけど、chika的には長谷川朝晴って人の伊達政宗が未だに苦手です。
 三谷さんのキャスティングは凄く上手いなーって思うんだけど、長谷川朝晴って人の伊達政宗だけは違うんじゃないかと。

 あれ、三谷脚本が、アンチさん達に攻撃される要素を、一手に引き受けるってか、その要素が濃縮されてる感じがするんだよね。(あっ、言っておきますがchikaはそれ程、伊達政宗に入れ込んでいる人ではありません)

 

f:id:saienji:20160323113103g:plain

 

 

 

仮面ライダーゴースト 第44話 「起動!デミアの恐怖!」

 丹波哲郎大霊界かよー(笑)。死んだらどうなる?!
 タケルは大霊人!!若山富三郎かよー!

 えっ?何言ってるか分かんないって?「丹波哲郎大霊界」は日本カルト映画の至宝じゃん、ベンキョーしなくちゃ(笑)。
 しっかし、なんだろうね、ゴーストって仮面ライダーは、、、それと毛利脚本、ようやくビルズとイゴールがグルだって事をタケル達に判らせる積もりになったんかい、、、。
 ってか、今までに視聴者は、タケル達の、この「グル関係を知らない」状況を慈善的脳内補完で甘受してくれてると思ってたんかい?

 いや、他のアホンダラ振りを見てると、本当に「これでいける」と思っていた節もあるな、、、。

 ほんでアデルなー、アデル一体、お前は何をしたいんや?

 ほんでマコト兄ちゃんなー、こないだまでドッペルゲンガーにいつもビビってたけど、今回は、あの設定は一時中止かいな~。

 三人の脚本家のローテってか、もう最終回に近いちゅうに、ブッツンブッツンやな、三人で「あっちゃ向いてホイっ」ゲームでもやってるんやろうか?

 相手に釣られて、相手の指さす方向の話を書いた脚本家が負けみたいな(笑)。

 

 

f:id:saienji:20160810091215j:plain

 

 

真田丸 第31回 「終焉」

 全体の脚本構成として、「秀吉引っ張りすぎ」という思いは今でも変わりませんが、それでも今回の秀吉の逝き様を見てると、ここまで引っ張って来た積み重ねと、ちゃんと釣り合う「重さ」になってた内容でした。

 小日向さんの演技凄くて、、末期老人過ぎ、最後の涙も、感動とか言うより「動物的な」感じがしましたね。

 「生きる」ことに、目一杯どん欲だった秀吉が、最後に出した体液みたいな、でもナースコールに手が届いても、もう無理だっただんろうなぁ。
 どれだけの偉業を成し遂げた人間でも、「死んでしまえばそれまでよ」という無常観と、秀吉が「天下人」故に、周囲が見せた無力老人イジリ、残酷でしたね。
 あのブラックコメディみたいな展開、何かの古い外国映画で見たような記憶がありますが、ちょっとタイトルが思い出せません。てか、あれは「あんたら!何しとーるきゃも!」って寧様怒るわなー。
 それとあれですね、人間が自分の進路を見定める時は、そんなに大きな主義主張が判断材料になるんじゃなくて、意外と「小さな事」と言うか、その本人にしか分からない感情がそうさせるのかもと思いましたね。
 理屈で物を考えると、右でも左でも上でも下でも、突き詰めて行けば、最後はどちらも同じ事で、後は損得の勘定しかない。
 どうやら信幸お兄ちゃんには真田家を守るという損得が残って、理の立つ信繁には、お兄ちゃんが、それをやってくれるなら僕は僕の中にしかない「些細な、それでも大切なことはすべて君が教えてくれた」的感情に誠実でいたいって、そんな流れなのか。
 つまり村上春樹が言いそうな、厳しい現実の中で、大きな「義」は果たせなくても、プチな「義」は果たせるみたいな感じ?
 三成に頭を下げられ、死ぬ間際に正気に戻った秀吉に「あれ寂しい男だから」と頼まれればねー。信繁にはそれを却下する理由がない、そういう感じかな。

 そうそう、サービス精神てんこ盛りの「本郷猛と森真理夫の戦い」への感想は、Web上で花盛りだから、あんまり書かなくて良いでしょう。
 但し、森真理夫さんが、いや違った出浦さんが信幸兄ちゃんの出現で家康暗殺に失敗する下りは、今後の展開も考え合わせると、三谷さん、この戦いは、只サービス精神旺盛だけって事ではなく、ちゃんと計算してるんだなと、、これは書いておくべきですね。


 今回のお楽しみの中で、chika的に受けたのは星野源ちゃんが、信幸お兄ちゃんのおかしたヘマを思い切り下衆ぽく笑って見せたシーンかな。家康の息子は、やっぱり変な奴だ(笑)。
 あれこそ、今までの大河では絶対に見られなかったシーンですよね。


PS 本日、「小説家になろう」と「note」で、小説「The GORK オカルト探偵目川純は助手の女装高校生リョウが気になってしかたがない。」の連載を始めました。ご興味があればご覧ください。

f:id:saienji:20160810091256j:plain

 

仮面ライダーゴースト 第43話 「接続!天才少年!」

 おお、またまた、破れ設定のイゴール&ビルズペアの登場、これ好きやなー脚本(笑)。

 ってか、これ毛利亘宏ターンの時の定番プラットホーム?

 事実かどうか、一々、そんな事まで覚えてないし、調べる積もりもないし、こんな事を軽々しく邪推しても気が咎めないのがゴースト脚本クオリティ(笑)。

 ってかタケル達って、いつまでビルズとイゴールに騙されてるんだ。馬鹿じゃないの?

 ほんとデミアプロジェクトの侵攻が駄目なら、神出鬼没のイゴール相手にしてるより、ビルズ押さえるか、お得意のタケル仏法でビルズを説得する方が早いだろ。

 あるいは、そんな視聴者の感覚なんて無視して、なんの設定修正も加えないで話を進める脚本が、視聴者舐めキットル・・ってか、それさえ気がついていないのかも。

 アデルーー、一体お前は何したいんやーー。裸サービスしたいんかーー。

 しかしこれターミネーターシュワちゃんが残した悪しき伝統だな。

 確かに転送された人体は服を着てないって似非科学の説得力はあるし、マッスルボディを披露できるし、良いこと尽くめだが、それはそれを演じる俳優さんにもよるんだぜ。


 御成憑依のアラン、、やっぱ磯村君、この方向で役者人生行くんかい?フィリップの菅田将暉君はそんなステップ踏んでたかな、、?とっても心配、でも人間、一つの事を極めるとそれなりに開ける道も、、、あったらいいなぁ。


 それとなぁマモル兄ちゃん、もうすぐ成仏タイムリミットの主人公タケルより、ズーッと悲壮感漂ってるぜ、なんでこんな構成にしてるんだ、ゴーストの脚本、ホントにわけわかんねぇ。

 って事で話は、アニメ「ベルセクル」だ。

 作画の方は、例によって25分の中でさえ、凸凹があってなんとも言えないんだけど、話はダークで、いかにもchika好み。

 原作の方は、もう長大になり過ぎてて追いかける気力がないんだけど、こちらならまだナントかいけそうな感じ。
 シリーズ構成は、深見真・協力山下卓とあるなぁ、ちょっと興味がある感性してはる(笑)。 あっ、深海マコト!!ちゃうちゃう、空目や。

 所で新ライダー「仮面ライダーエグゼイド」の露出があちこちで、始まってます。

 でもこのワチャワチャした感じ、ゴーストが始まる前と同じ雰囲気だなぁ、、怖ろしく悪い予感。

 まあ始まって見ないと判らないけど、今の制作陣が「ゴースト」を成功だと思ってるんなら、同じ事を繰り返すんだろうな、、。

f:id:saienji:20141101124511j:plain

 

 

 

 

 

 

真田丸 第30回 「黄昏」

  「あ~っ、秀吉まだ生きてるのか、、。」って言うのが、正直な感想。
  秀吉に限っては、もう十分でしょ。なぜナレ死を使わない(笑)。
 今回のエピ辺りで、小日向さんの名演技で華々しい秀吉退場のフィナーレを飾るのがベストタイミングだったような。
 展開上の進行なんて、三谷さんの腕なら不自然さなく自由に伸縮されられる筈だしなー、なんでここまで秀吉を引っ張る?

 秀吉が壊れ始めてから、何回、エピソードを重ねてるんだよ。それが晩年の秀吉のやった施策に対する三谷流の解釈だっていうのは判るんだけど、それにしったて「老い」を描きすぎだしね。
 織田信長の退場のさせ方なんか、「お見事!」って感じだったのに。
 あれだって今の秀吉の使い回し方見てると、「単なる諸般の事情だったの?」とか深読みしかねない。

 でも秀吉が、形見分けの時に、身近であれこれと世話を焼いている信繁の事をすっかり忘れてて、それを三成が「お仕えしてる年月が違うから」とフォローする描写に続いて、その後、信繁の名前をしっかり思い出し(って記憶の混濁なんだけど)た秀吉が、二人の初対面のシーンを繰り返すあたりとか、それに信繁が優しく付き合う姿、あれはかなり胸に沁みたなぁ。
 その後の信繁の介護シーンも、、、でもこれって歴史大河ドラマなんだよね(笑)。
 特に「大河」の部分がね、、、こんなに微に入り細に入りの描写をやってて「大河」に戻れるのか~?って、まあ普通なら思うよね。
 ああ、それと、今回、このドラマ見ててちょっと不安になったのが、信繁に「わしのようになるな」と言ったもう一人って誰?って思っちゃた。

 信繁って、一杯、偉人英雄たちに付き合ってるから、その人物が確定出来ないのね。
 多分、<義の人>上杉景勝じゃないか、、って思ったんだけど、違うかな?自信ない。
 常に<義の人>でありたかった景勝は、上杉家を守るため己の信念を曲げて秀吉に頭を下げた。

 で自分の息子のように思っていた信繁に「わしのようになるな」みたいな、確かそれっぽいシーンがあったよね。
 これから考えると信繁にとっては「義」の要素が彼の行き方の一つの指針みたいで、それで、後に豊臣に付くのが己の「義」を守る事に繋がるという、、、そういう解釈なのかな。

 でも今回、信繁は秀吉の状態を、お兄ちゃんにばらしてるし、その心理要因が義理パパの「己の信じる道を行け」の言葉だから、ちょっと混乱するよね(笑)。

 

f:id:saienji:20140704120111g:plain

 

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!