読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーゴースト 第29話 「再臨!脱出王の試練!」


 アーイ!ダァイブ・トゥ・ディープ…ギロットミロー!ギロットミロー!
 ゲンカイガン!ディープ・スペクタァー…ゲット・ゴー!覚悟!ギィザギィザゴーストォ!


 ささやかながらも、「仮面ライダーゴースト・ライブ感想書くの邪魔くせぇ」病の治療方法を考えついた。

 そうだ!「真田丸」の事を考えるのを、後回しにするんだ。嫌でも「先にゴースト」の感想を書くんだ!

 それでちょっとはましなる。

 むふふ、、どうだ、、いや、無理か、、。
 じゃ箇条書きで、ポイントだけ書いて投げ捨てとくってのはどうだ。


1・ふみバァが老衰で死んだ。死ぬ前にアランにそれポイことを言った。でもゴーストの場合、死んだと思った人間が暫く生きてる事は結構よくあるから確定ではない。
2・パンキッシュな御成はやっぱり素敵!多数キャラの中で一人勝ち。園子温監督のラブ&ピース ハセヒロを思い出したゼッ。
3・アランの鎖骨が鎖骨が、、、。あのファッション、あのファッション、安いTVドラマのゲイバー描写かよ!

  うーん、この方法、ちょっとマシかな?少しだけ感想を書く事への精神的負担が軽くなる。

 でも無駄に笑いを取りに行きたくなったり、毒が強くなる傾向があるから、自重の精神が大切だな(笑)。
 それに以下の様な、内容を展開する場合、ポイントだけ抜き出すのは無理だ。

 すこし前から、頭の中に引っ掛かっていたマコトの言う「けじめ」の意味がどうしても理解出来ないので、ついにネットで調べてみた。

 ネット世界では、こういった番組に、己の全才能を注ぎ込んで、その全てを理解し味わい尽くそうという人々もいるのだ。そうだ!困った時は、彼らに聞けばいいんだ。

・・・そのけじめとは、「自分の身体を取り戻すこと」「自身を育ててくれたアリアに礼を言うこと」「アデルとの決別」であり、後者二つは実現した。だが大帝であるアドニスが暗殺され、その罪がアランに着せられていることを知り、生身の肉体となり傷だらけになったアランを庇う形で、自身の身体を取り戻すことは叶わないままアランの力で人間世界へと戻ることとなる。・・・

 うーん、そうだったんだぁ。で最近、ようやくマコト兄ちゃんは自分の身体を取り戻すことが出来たから、今回何故か、自分の親族ではなく、タケルのトーちゃんの墓の前で「ようやくケジメが付けられました」って報告したんだ、、。

 でも最初、マコト兄ちゃんって「タケルのオヤジ!おめーのせいで俺たちはなぁ地獄の苦しみを味わったんだぜっ!」って言ってたような。第一、ホントに生き返ったんなら一番最初に自分の親系に連絡しろよな、この親不孝モン(笑)
 ホント、わけ分かんない。

 

うん?書いてみて判った、やっぱり箇条書きじゃ無理だな。

 それにしても恐るべし、ゴースト脚本。

 箇条書きでもその感想が整理できず、ダラダラ文章でも説明しきれず、ほんとこの脚本構成、レゴブロックみたいやな、、。

 

PS おっと書くのを忘れてた。仮面ライダーアマゾン、第2回以降から面白くなって来たよ。さすがに小林靖子女史だ。手慣れ過ぎ感はあるものの、上手く話を繋げていってる。ちなみに赤と緑、赤の方がスーツデザインも含めて好きやなぁ。

f:id:saienji:20160502104443g:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!