読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 #3

 なんて小綺麗で、爽やか青年のテロリスト達なんだろー!

 それに比べて、政治家連中、ドロドロ腐ってる、(政治家アルアル)はよ死ね!

 見たいな、きつい演出(笑)。

 平成維新軍の3人が、仲良くコンビニ弁当食べる前に「戴きます」をやる演出で「あっこれ悲劇コースだ」って思ったけど、最後は、純粋さ故の「自決」ってフルボリュームでした、、。
 これ演劇的な脚本展開なら、ありなんかも知れないけど、CRISISではちょっと飛ばしすぎかなぁ。

 前にも書いたかも知れないけど狙いすぎかも、あれだとちょっと今の視聴者はまごつくかもね。

 小栗君が演じる過去に拗ね持つ稲見に、「俺に撃たせないでくれ」とか「生けてりゃ挽回のチャンスはある」とか、バランスはちゃんと合わしてあるのは判るし、最後は平成維新軍を扇動して操ってる黒幕とCRISISの対決に持っていって、それまでに言いたいこと全部書いてやるみたいな戦略なんだろうけど、その思惑がチラホラ見えている時点で、ちょっと危なっかしいかと(笑)。

 でも思えば映画「GO」ってか、小説「GO」の時から、そういう目があったんだよね。

 でも年取って色々なテクニックを身につけていくから、それが有利に働く時と、逆に働く時があるんだよね。

 BORDERはそれが旨く回ってた良い作品だったんだけど。

 でも個人的には、そういう部分抜きにして、中二病的にCRISISは凄く気に入ってます。
 例えば稲見が大山に「で、お前のハンドルネームは何だったの?」って聞いて「人斬り以蔵の以蔵」って答えた大山にニヤリって笑うシーンなんか好きやなぁ。 なーんか苦労してるけど表面若ぶってるオジサンの感性みたいな、小栗君もこうゆーニュアンス出せる年になったんだーみたいな(笑)。
 それと長塚京三さんが演じる鍛冶大輝のキレキレぶりが、ええなー。

 失礼ながら長塚京三さんが、こーゆー役所を「深く」回せるってか、填るとは思わなかったし。

 

f:id:saienji:20170404100000j:plain

 

 

 

 

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!