読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーエグゼイド第10話「ふぞろいのDoctors!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話「穢れた翼」

 えーっ、10話にしてグラファイトが、ポッキリ退場かよー、、ってのが素直な感想。

 なんたって先の仮面ライダーゴーストの、「敵キャラ無制限蘇り」の悪い記憶があるもんで、、しかも、今度も霊界ならぬゲーム界の話だからね。

 あれ、嫌なんだよね。あーゆー設定に手を出されると、途端に「話」の展開が、だらしなくなるから。

 「ああ退場?でもどうせ又、都合良く出てくるんでしょ?」みたいな(笑)。

 ほんとに、これでグラファイト消滅なら、ポキポキ折れた脚本展開だな。

 普通、続く「何か」に、話のバトンタッチをしてから、キャラって消えていくものじゃないの?

 これじゃ単に画面の賑やかしとして登場しただけじゃん、グラファイト

 あっ、それがゲームの本質なのか?ってそんな事、この脚本が言いたいわけないじゃん。

 えっ、言いたいの?最後の飛彩のとってつけた「敵を取ることに意味はあったのだろうか…」が、締めに来るあたりで、それは無いと思うんだけどなー(笑)。
「何か持ってる」感があった高橋悠也脚本だけど、これまでか、、。

 いや、もうちょっと様子をみよう。

 

 って事で話は鉄オル2だ。

 こっちの方は、お亡くなりになった各登場キャラが、話のバトンタッチをそれぞれ、しまくってます。

 ある生き様を背負った人物の死が、次の人物の生き方に影響を与えて、それでもって今生きてる人間達の思惑が、複雑に絡み合って、えーーー、もうわけ分かんなーい(笑)。

 そんでもって、それをモビルスーツバトルに集約して行く所が凄いね。
 ほんとエンタメの壺を心得てる。
 演出でも、今回のエピでは「ミカ、来たーっ」の場面を、ちゃんと変化させてあったしね。

 群体のプルーマに張り付かれて食い殺される感じのコックピット内の窓の光景の視点で見えるバルバトスの登場、上手いわー。
 この登場の仕方、いつもの派手さはないけど、今度の相手が怪物的(怪獣的?)ハシュマルである事を考えると、この湿った感が似合ってる。

 今回、話自体は「モビルアーマー(とは)、人を狩る天使達。そしてその天使を狩るために天使を真似て造られた悪魔・モビルスーツ。それを操るための阿頼耶識』の説明だけなんだけど、4分の1が判らないのに、人の機微と戦略については高速コンピュータ並のミカとか、ますます偉人化・成長していくクーデリアとか、ポンコツ過ぎて逆に好きになりそうなイオク・クジャンとか(笑)、それぞれにちゃんと血肉が付いてる。
 そして次回は、この局面でマクギリスとヴィダールの対面か、、、やるなー。

 

f:id:saienji:20161129103506j:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!