読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーエグゼイド第9話「Dragonをぶっとばせ!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第35話「目覚めし厄祭」

 貴利矢が衛生省大臣官房審議官(笑)こと日向恭太郎に、「16年前に宝生永夢の手術をしたらしいですけど…先生ってほんとにあいつの命の恩人?」って迫った時に、本気でこの路線で行くなら高橋悠也って人はたいしたモンだなぁって思いました。

 でも平成初期ライダーシリーズならいざ知らず、最近のライダーでは、そんな奥行きのある展開は難しいかなと、、。

 せいぜい日向恭太郎氏の「やむにやまれない事情で」か、事故レベルの処理が背一杯かと、これで今後、バグスター発生に絡む壮大な陰謀とか謎をとくキーパーソンとして、白でも黒でもない人物として日向恭太郎を持って行ったら、ホントに凄いけどね。

 いや、脚本レベルというより、「今のライダーとしては」って意味だけど。

 ああそれと、今回のエピで面白かったのは、永夢が大我に「ほら…」とガシャットを渡すと見せかけて、「俺がやるって言ってんだろ!」って大我を無視して攻撃続行した下りね。
 かってメインの主人公で、こんなに根性の悪い戦闘を繰り広げたキャラは、、、うーん、、いないぞ、だぞ(笑)。

 しっかし、永夢の人格って、よく考えると無茶苦茶だな。冷静に見ると主要キャラの中で、大我が一番、まともじゃないか?

 って事で、話は鉄オルなんだけど、今回の内容は、サブタイの「目覚めし厄祭」通りでしたね。
 うーん、ここに来て「ヤクザムービー」に新しい要素をぶっ込んで来ましたか。「怪獣」を投入して、人間社会を俯瞰的に見下ろす、ただし人間同士のごたごた描写は最後まで描きつつ、神話的要素も漂わす、、ってまるでねシン・ゴジラの手法ですな。
 ホントに「着地点」が、気になるアニメです。

 

f:id:saienji:20161129103506j:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!