読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーエグゼイド 第5話 「全員集結、激突Crash!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 第5話 「アーブラウ防衛軍発足式典」

 今回のサブタイを見た時、「8時だよ!全員集合」とか迂闊に読んでたんだけど、内容も悪い意味でなく、そんな感じ。
 仮面ライダー使って、皆で楽しく、ワチャワチャ騒ごうよって感じで、これは、コレで有りな方向性だなーと。
 一応、脚本の話の組み立てとか展開は、それなりに安定してるし、作品に何かデカイものを要求しなければ、それなりに楽しめる感じ。
 でも展開が恐しく早いから、これから先、意外と違う要素を、突っ込んで来るかも知れないなー。
 第一、ゲンムの正体なんか、いきなり番組予告込みで、騙しに来てるし(笑)。
 まあ普通に考えれば、ゲンムは幻夢コーポレーションの社長だってのが、一番妥当なんだけど、意地でも簡単にミバレさせたくなかったんだネ。
 絵的には、脚本と同じくアクション早くて、面白い。

 あまりモノ考えさせないで、見せていくとゆーか、ホントは視聴者も目の前で何が起こってるかよく解ってないけど、何となくカッコイイナー、みたいな、軽い興奮状態だけを誘う感じ?マイケル・ベイぽいな、アホっぽいけど(笑)。

 永夢が天才ゲーマーエムの本領を発揮する時にニヤリと笑うパターンは、他の監督さんが担当する時も使われるんだろか?chika的にはその方が良いと思うけど、それは結構、脚本と関係してくるからな、、どうなんだろう?
 と言うことで仮面ライダーエグゼイドについては今後の期待を残しつつ、話は鉄オルだ。

 ・・・って、鉄オルは2期に入って鬱展開の度合いを薄めたのかと思ったけど、全然、そんな事ないのね。
 鉄華団が結構うまく行ってる分だけ、破滅の時の落差が、、うーん、脚本、しぶとくそれ狙ってるのか?
 だとしたら、酷い奴らだなぁ、鉄オルに登場してくる大人達より酷いよ(笑)。
 ラディーチェに騙されまくるタカキなぁ、、それにそんなタカキに付いてるミカポジションのアストン。
 いずれボロボロになって、くそーっこの野郎!って時に、3週間遅れでオルガ派遣の本隊が到着・・・うーん、あざとすぎる。
 ほんとコレ、昔のドラマの作り方だよ。

 でもコレ、最近、やらないのね。

 溜に溜めてドカーンより、毎回、炸裂してる方が視聴者には好まれるようになって来てるから。

 鉄オルがそれを回避できるのは、やっぱ絵として「ガンダム」だからなんだろうなー。

 それと強烈過ぎるキャラ立て、ミカが普通の悩める少年だったら、「鉄オル」って、ただ時代の流れに翻弄される孤児達の陰鬱なダラダラとした物語になってた筈、ってか、毎度書いてるけど、これ東映ヤクザ映画の手法(笑)。

 

f:id:saienji:20160404095540g:plain

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!