読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

真田丸 第41回 「入城」

 うーんなんと言っていいのやら、感想書くの困るわー。
 全然面白くない!ってワケでもないんだけど、三谷脚本のアカン方の通常運転と言うか、そんな感じのエピソードでした。
 それと「幸村」のキャラ設定だけど、ホントにコレで良いのかなぁ?
 信繁のままだったらまだ解るんだけど、、えっ「幸村も信繁も同じ人間じゃん」って?ああそうでした。
 でもなんか違うんだよな。信繁が幸村となって地上から飛び立ち離陸したって感じがないのよね。
 ハッタリカマして困難を凌ぎ切るって、今までの追い詰められた時の信繁と基本同じじゃん(笑)。
 昔、小賢しい事して、高畑母ちゃんに怒られてたしなー(笑)。
 結局、あれなのかな。
 一家の主になって、普通なら、こじんまり人生を送る所が、愛人「きちゃん」とか、あろうことか、嫁や息子まで「あんさん、やりなハレ、男と生まれた限りは、好きなこと存分にやったらよろしい」って感じでGOサイン出して来るから、自分の得手な才能フル稼働させて「うぉーっ、俺の人生、ヒリヒリするぜぇ」って感じなのか。
 でもなー、コレ、雁金踊りとか、内田裕也爺のロッケンロールな変装とか、オフビートをオフビートするコントと、一緒にミックス焼きされると、うーん?って感じなんだよなー。
 それとか 真田一家が泊まった旅館で、佐助が怪しげな下男に気づいて始まるあのシーンな。旅館の庭で繰り広げる服部半蔵と佐助の死闘とか。

 今更、一体何のつもりでこんなシーンを入れてるのか不思議に思ってたら、追い詰められた半蔵がウルバリンみたいな武器をつきだして究極奥義、「全力で押しとおーーる!!」のギャグやりたかったのね。
 完全に「三谷幸喜による三谷幸喜の為の歴史大河ドラマ」になってるな。
 「あの三谷幸喜が二度目の歴史大河ドラマに参戦」って感じじゃ、ないし(笑)
 ただこのエピソードの最後辺りの信繁と茶々の再会シーンは、何か不思議な空気感があったな、、魔の刻というか魔に魅入られる瞬間というのか、そういうのね。
 まあこのシーンが撮れただけでも今回の「真田丸」、充分なんなんじぁないかとは思うけど。

f:id:saienji:20140704120111g:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!