読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーゴースト 第48話「終結!悲しみの連鎖!」

 出だしから、スムーズで納得の行く展開、これはクレジットを確認するまでもなく、福田脚本に違いない、制作陣も最終回は福田脚本でフィニッシュで行く事にしてたんや。

 これで安心、、、と思ったけど、後半になるにつれ、、アレレ、、。
 後で確認したらやっぱり福田脚本、、確かにコピーマコトの扱いも、そつなく処理してあったし、傷ついたアランを見てタケルが激怒する展開や、そんなタケルを止めたのもやっぱりアランってゆーあたりは、ホント、王道の胸熱展開だったけどなー。
 アデルがあっさり改心して、「そんなにあっさり終わって委員会?」って突っ込みがあるのを福田脚本が予想してそうしたのか、今度は「自我に目覚めたガンマイザー」の登場、この辺りからだね、足下がふらつき始めたのは(笑)。
 普通なら、一旦、ハッピーエンドで終わらせておいて、最後の最後にもう一波乱持ってくるってのは、それなりの盛り上げ方なんだろうけど、ゴーストの場合は、話の基本アイテムをちゃんと説明してこなかったと言う、いい加減さが過去にあるから、「ディープスペクター眼魂に残っていたガンマイザーって何?」「今更、放置の謎のグレートアイって何?」時間稼ぎの帳尻合わせは、いい加減にしなさいって、又、突っ込みの嵐になるわけ、、。

 ここの所だけは、「脚本が誰担当」は、関係なく、ゴースト全体に見られた最大の「欠点」だったね。

 当たり前だけど、作品はまっとうに創らないと駄目、勢いに乗ってやっつけ仕事してちゃ駄目、ゴーストの場合、現場の問題じゃなくて、プロデュース面でそういう事を凄く感じさせた作品だった。
 でも、そういう体制が、TVドラマ制作の全体の流れかと言うとそうでもなく、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」なんかは、その特異なモチーフに左右されずに、すごっくまっとうでブレないドラマ作りをしてたし、そういう地道なアプローチしても、ちゃんと視聴者にはアイキャッチなモーション作れるわけだから、仮面ライダーシリーズもそういった部分を勉強した方が良いと思うけどな。

 そうそう、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の方だけど、最終回、あのドラマで泣くとは思わなかったよ。

 横山クンだけが、最後まで残念だったけど、それは言わないお約束、それ言い出すと波瑠ちゃんだってホントはどうなん?って話だし(笑)。
 全体的にはジェフリー・ディーヴァーとかトマス・ハリスの作品を混ぜて二で割ったような作品だったけど、その世界観をちゃんと平成日本に馴染ませた所が偉かったよね。
 とにかく芦名星ちゃんの真壁永久の造形が良かったわ。

 最後、永久も浪花節ぽいチャンチャンで終わっちゃったけど、あれは日本のTVドラマの限界だろうから仕方ないね。

 それと最後といえば、アニメ・ベルセルク2016も、もう直ぐ終わっちゃうの?
 波のありすぎる作画は別として、こんなに制作側の「言いたいこと」がストレートに熱く伝わってくるアニメって珍しいし、波長の合う人間には堪らない魅力が溢れた作品なんだけどなぁ。

 第10話「ヘルス・エンジェルス」なんかでは、ガッツが思い切り、言いたいことを言ってたなー。

「奴らは、何もせず、ただ祈ってるだけじゃねえか!」

 

f:id:saienji:20160912092455j:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!