読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーゴースト 第46話「決闘!剣豪からの言葉!」

 出ました、データ人間による真剣白刃取り!

 でも考えてみれば、データ人間が宮本武蔵の「何故か不滅の魂」と会話して、その奥義を伝授されてるんだよ、、スゲーんじゃないですか?

 こんな設定、普通いくら頭を絞っても考え出せない(笑)。

 「いい加減脚本進行」のカオスが生み出したガラガラポンだね~。


 ホントに、ゴーストの展開、何がなんだか判らないんだけど、その判らなすぎの元が、話の流れよりも、各主要キャラ自体にあるってのも凄いよな。

 タケルって何なの?マコトって何なの?アデルって何なの?

 一応、成り行き上、タケルを「データ人間」って書いたけど、タケルはユルセンにも見えないんだから幽霊でもないし、「どんな形になっても僕は僕なんだ」って、魂ですらなくなって、データの固まりにしか過ぎないタケルが何故そう言い切れる(笑)。

 その他色々、何故、ゴーストになった時に実体化出来るの?ってか、それで何したいん、タケルは?

 あー、アデルに繋がって、世界を救うんだ、、でもって生き返って、アカリの元に返るんだ、、それは判るんだけど、元の肉体もないデータ人間の分際で、お前は今更、何をゆー!?ってな。
 ってか何故それで、「全ての鍵はタケル」なの?

 思わせ、ぶりぶり、脚本、都合良すぎ(笑)。

 しかも、何と、次回はタケルのパパを殺したのはアデルである事が判明、えーーー聞いてないよーー(笑)。

 よくもまあ、こんなグチャグチャでテキトーな脚本が書けたもんだ。これは一種の才能だよ。

 で、もう一人の毛利とかの方は、「宗教」だし、ゴーストの企画の目玉は福田脚本じゃなかったの(笑)。
 しかし別の意味で、最終話が気になってきたな~。

 この流れで、タケルがどうなる事を「上がり」とするんだろう?

 映画「ゴースト/ニューヨークの幻」ぽい感じの少年版に仕上げるのか?

 福田脚本で、それやったら、こざっぱり終われるような気もするけどな。
 アンチェインド・メロディ、最高ーっ。アカリも御成もきっと泣いちゃうよ。

PS アニメ「ベルセルク2016」は、作画は別にして、安定的に面白いなー。

 モズグスの、設定ええ、惚れた。作画の方も良いときには良いしな。

 それになんと言ってもガッツの声なー、岩永洋昭、ええやん、ええやん、仮面ライダーバース伊達明、転生!!

 

f:id:saienji:20160810091215j:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!