読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーゴースト 第45話「戦慄!消えゆく世界!」

 おおっ暗い、これは長谷川?

 おおっタコ焼き出た、これは長谷川?

 で、いとも簡単にビルズ社長をイゴールから開放、あのグル設定を早く終わらせたかったのね。

 で、最後にクレジットを確認、やっぱ長谷川脚本だったー(笑)。


 うーん、一つの話を三人の脚本家が「あっち向いてホイ!」進行でやって、表面だけ辻褄会わせるから、話の方は、もう何が何だかワケワカメ。
 でも少なくとも、長谷川脚本には宗教入ってないから、同じ「つまらん」でも、タケル教祖光臨キラキラーがないぶん、落ち着いて「面白くなーい」って言ってられるな。
 それに今回は、ダークマコト兄ちゃんのシスコン魂発現と、その反転シーンがドキドキしたなー。やっぱ、首絞めなかったネ、良かった良かった、アレ朝から見るにはエログロ過ぎるから。
 それにしてもカノンちゃんの「私のやれる事をする」は、タコ焼き買いに行く、おつかいだったのね、、よしよし。

 しかしビニール袋の中、すーげー量だったな、あれオヤツじゃなく食事レベルだった、、。

 

PS イゴールが、行きがかり上のラスボスになるって予想してたんだけど、これは外れたなぁ。

 フツーにアデルで引っ張るみたいだ。

 まあ考えたら、今更、話の展開を捻って面白く見せるなんて気持ちは制作側にはないだろうし、このままアデルが最後にタケル教に改心させられた上、消滅、、みたいなパターンかな。

 まあどうでもいいけど、、、普通に終わってくれたらそれでいいよ。

 もう今更、最終話に向けて異様な盛り上がりとかされても返って困るし。

 今回ゴーストの収穫は、どんな新人の子でもライダーで一年揉まれたら、ちゃんと台詞が喋れるようになるって事を、改めて西銘 駿君で証明してくれた事だな。
 今までの伝説的下手は要潤君ですが、要潤君もなんとかなったモンね。

 なんか判る人には判るだろうけど、アギトの時の氷川誠と、ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子の倉島敬一郎ってキャラベースが凄く似てるんだよね、お姉さんとしては、ちょっとムフフしてます(笑)。

 そうそう、仮面ライダーエグゼイドのデザインが新奇なのは、今までの仮面ライダーデザインって、どんな無茶デザインでも、基は「人間ライダーの変身」で仮面コスを付けてるんだけど、今度のは、「アニメORゲームキャラをそのまま実体化しました。」感があるからなのね。

 特にあの髪の毛のデザインね。
 アトムとか009とかのヘヤースタイルって、実写化する時にムリが出るんだよね、あの感じ(笑)。

 実物になって、動き出したらどんな風にテレビ画面に映えるのか、今、一番のお楽しみ(笑)。

 

f:id:saienji:20160810091256j:plain



ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!