読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

真田丸 第32回 「応酬」

 秀吉亡き後、家康と三成の対立構造が鮮明に、とは言うけれど、力量的に見て「対立」になってない所が見ていても苦しいですね。

 それなりに「義」は、三成にあるんだけれど「現実面の正義」から言っても、政治的実力からしても、全て家康が上回っているわけで、こうなると後は物理的な軍事力で決着を付けるしか方法が残っていないワケで、、、。
 敗北既定路線に一直線に進むこの方程式、やっぱこの展開、「新撰組!」やなぁ。

 近藤勇を支えていた土方歳三役が山本耕史さんやし、、まあ真田丸の場合は、新撰組が一直線に崩壊していく過程より、もうちょっと一波乱も二波乱もあって、第一、主人公が真田って事で、「滅び」だけがクローズアップされないで済むんだけど、、。

 しっかし、今回の、ってか最近の信繁って完全にデクノボウ化してますね。

 一応、主人公だから物事が動き出す場面には登場するんだけど、完全に、手も足も出ない「観察者」状態。

 まあ、今までの大河ドラマ見たいに、主人公がアリエナイ活躍をするのよりもましだと想うけど、三谷脚本の場合は、この「無能な信繁」をワザと描いてるんじゃないかとさえ思えるんですよね。
 つまり秀吉が生きてたら、まだそれなりに活躍出来る信繁だけど、仕える上司が「三成」だと、信繁の才気は完全に死ぬんだよー、だからお前ら「上司は選べ」と、三谷さんが言ってる見たい(笑)。

 勿論、部下は上司を選べません(笑)。それどころか、信繁の場合は秀吉に「三成を頼む」と呪いをかけられていますからねー。
 しかしこんな閉塞感バリバリのドラマって、最近の視聴者の好みに合うのか知らん?

 三谷さんの事だから、コメディ要素でそこは乗り切ろうと思ってるんだろうけど、、。
 確かに朝鮮半島から帰ってきたマイルドヤンキー加藤清正と三成の「飲む飲まん」のやり取りの下りは面白かったんだけどな、、。

 

 そうそう、最近、細川忠興などの新キャラがどんどん投入されてきて、そっちの方も注目だけど、chika的には長谷川朝晴って人の伊達政宗が未だに苦手です。
 三谷さんのキャスティングは凄く上手いなーって思うんだけど、長谷川朝晴って人の伊達政宗だけは違うんじゃないかと。

 あれ、三谷脚本が、アンチさん達に攻撃される要素を、一手に引き受けるってか、その要素が濃縮されてる感じがするんだよね。(あっ、言っておきますがchikaはそれ程、伊達政宗に入れ込んでいる人ではありません)

 

f:id:saienji:20160323113103g:plain

 

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!