読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

真田丸 第30回 「黄昏」

  「あ~っ、秀吉まだ生きてるのか、、。」って言うのが、正直な感想。
  秀吉に限っては、もう十分でしょ。なぜナレ死を使わない(笑)。
 今回のエピ辺りで、小日向さんの名演技で華々しい秀吉退場のフィナーレを飾るのがベストタイミングだったような。
 展開上の進行なんて、三谷さんの腕なら不自然さなく自由に伸縮されられる筈だしなー、なんでここまで秀吉を引っ張る?

 秀吉が壊れ始めてから、何回、エピソードを重ねてるんだよ。それが晩年の秀吉のやった施策に対する三谷流の解釈だっていうのは判るんだけど、それにしったて「老い」を描きすぎだしね。
 織田信長の退場のさせ方なんか、「お見事!」って感じだったのに。
 あれだって今の秀吉の使い回し方見てると、「単なる諸般の事情だったの?」とか深読みしかねない。

 でも秀吉が、形見分けの時に、身近であれこれと世話を焼いている信繁の事をすっかり忘れてて、それを三成が「お仕えしてる年月が違うから」とフォローする描写に続いて、その後、信繁の名前をしっかり思い出し(って記憶の混濁なんだけど)た秀吉が、二人の初対面のシーンを繰り返すあたりとか、それに信繁が優しく付き合う姿、あれはかなり胸に沁みたなぁ。
 その後の信繁の介護シーンも、、、でもこれって歴史大河ドラマなんだよね(笑)。
 特に「大河」の部分がね、、、こんなに微に入り細に入りの描写をやってて「大河」に戻れるのか~?って、まあ普通なら思うよね。
 ああ、それと、今回、このドラマ見ててちょっと不安になったのが、信繁に「わしのようになるな」と言ったもう一人って誰?って思っちゃた。

 信繁って、一杯、偉人英雄たちに付き合ってるから、その人物が確定出来ないのね。
 多分、<義の人>上杉景勝じゃないか、、って思ったんだけど、違うかな?自信ない。
 常に<義の人>でありたかった景勝は、上杉家を守るため己の信念を曲げて秀吉に頭を下げた。

 で自分の息子のように思っていた信繁に「わしのようになるな」みたいな、確かそれっぽいシーンがあったよね。
 これから考えると信繁にとっては「義」の要素が彼の行き方の一つの指針みたいで、それで、後に豊臣に付くのが己の「義」を守る事に繋がるという、、、そういう解釈なのかな。

 でも今回、信繁は秀吉の状態を、お兄ちゃんにばらしてるし、その心理要因が義理パパの「己の信じる道を行け」の言葉だから、ちょっと混乱するよね(笑)。

 

f:id:saienji:20140704120111g:plain

 

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!