読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーゴースト 第37話 「修得!それぞれの道!」

 やっぱりイゴールは、アカリに恥をかかせる為にビルズを使って、アカリをオーディションに合格させたんだ。

 で最後に、恒例「平手打ち」オチに展開・・って納得しかけたんだけどさ、暫く見てたら、アカリが最後に「ビルズさんが共感リストバンドを改良してくれたからメデタシ・メデタシ」とか言ってる展開になって「????」。

 ってか前に、ビルズとイゴールがグルだって事、アカリ達に、ばれてなかった?もう良く分かんない(笑)。

 ばれてないとしたらアカリ達がよっぽどお目出度いのか、イゴールの策士としての出来が良いのか、でもイゴールって最近「しまった動揺しすぎて姿を消し忘れ」「(平手打ち)3度めですよ!なんという屈辱!」的キャラに進化しつつあるから、そんなに知恵が回る設定でもなさそうだし。
 いや、そんなに固いことは、もうゴーストには求めてないんですよ。

 それでも「主人公達を罠にはめる敵、罠から抜け出す主人公」の話を書いたら、最低限の設定矛盾は避けようよって話なのね、見ててワケ分かんなくなるから、そんな事されるとヘボな展開を笑って見過ごす事すら出来ないじゃん。

 それとホナミの七瀬的能力ってか、ホナミを襲った悲劇は、あんな解決法でなんとかなるんかいのぅ、なーんか「あたしたち一つの目標に向かう仲間だし、ウン!」で何でも解決しちゃうんだ、ってかソレ、全然話がつながってないし(笑)。
 とか思ってたら、唐突にジャベル再登場、ってかこれで何回目だ?もうこうなったら「風車の弥七」みたいに「再登場のジャベル」って名前にしちゃえよ。

 まあマコト兄ちゃんも、胸掻きむしって何回目かの窮地に陥ってるけどネ、マコトって事故体質なん?

 えーそれよか、仮面ライダーアマゾンズだ(←最近の定例フレーズ)。
 chikaさ、最近、薄々感じてるんだけど、今乗ってきてるアニメ系の女性脚本家って、男共を尻目に「荒野を目指して」ないかい?

 鉄オルの岡田麿里とかもそうだし、そう言えば、鉄オル第一期の最終回の終わり方と、今回のアマゾンズの終わり方もなんとなく似てたな。

 重くて殺伐とした主題テーマ自体の回収は全然行わず、一応、これまでの事実上の展開だけは、ケリをつけておくって感じ。

 まあ次があるんだから余裕だね。

 引っ張るだけ引っ張って、ブチッと途中で切っちゃう方が感覚的には格好良いし。
 でも鉄オルの「荒野のめざし方」より、アマゾンズの方が、その荒野度が生々しい分、キツイかな?
 今回の最終回で、水澤悠とマモルが、(生き残りアマゾン集団)の側に帰属して行くんだけど、そんな彼らに駆除班の連中がこっちへ帰って来いと「5円玉ペンダント」を掲げるシーンとか、鷹山仁が自分が死んでもアマゾンズを殲滅するという徹底的な執念で水澤悠と激突するシーンとか、何だか今の社会情勢(国内外を問わず)を凄く象徴的に現しているようで、ちょっとゾクっとしたよ。

 でもあれ最後の最後に、水澤悠は自分のアマゾン細胞を覚醒抑制する腕輪を外しちゃうんだよね。

 今から俺は俺が守りたいモノの為に、EUを離脱するんだぁ、「ウーッ、イー!ユーューッ!」って、違ったか(笑)。


 ああ、それと前に「人工生命がアマゾン、鷹山仁が人間に後からアマゾン細胞を付加した存在、って事は、普通の展開だと、水澤悠は人間とアマゾン細胞のハイブリットとして生まれたって感じでしょ。、、水澤令華の卵子を使って、、、まあ、そこまで小林靖子女史は悪趣味じゃないか、、。」って書いたけど、卵子じゃなくて水澤令華の「遺伝子」だったね。

 だから水澤令華が「あれは私の子供です」って涙流して言った時はちょっと違和感感じたな。

 自分の遺伝子でアマゾン細胞を母体にして悠を作り上げたんなら、悠は「息子」というより、自分自身のクローンぽい感じなんじゃないかと。
 それとも女性感覚で言うとやっぱり「息子」なのかな?その辺は、chikaってホントの女じゃないのでよく判らないんだけど、、。
 それか「卵子」とかにしちゃうと色々クレームが来るから「遺伝子」にしちゃったのか?

 いずれにしても、この設定も、実は現実的に「重たい」話なんだよね。

 その辺り、小林脚本の事だから第2シーズンで少しは触れてくるかも。


PS 今回、令華直属の秘書である加納省吾の表情が動きましたねー。令華が衝撃の告白をした時、始めて人間的な動揺の表情を見せました。

 あれ見てて、もしかして加納省吾のキャラデザインの元ネタは、映画エイリアンのアッシュじゃないかと、まあ、普通は、密かに令華に思いを寄せてるとかって展開にするんだけどね。

 小林女史は色々とやらかしてくれるから、 今後の加納省吾もちょっと楽しみ。

f:id:saienji:20160620090800g:plain

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!