読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーゴースト 第36話「猛烈!アイドル宣言!」

 もうタコ焼きと言えば長谷川圭一長谷川圭一と言えばタコ焼きの認識でいいのかな(笑)。

 今回は、アランのタコ焼きアクションが、「酔拳」ならぬ「タコ拳」修行でグレードアップするエピでしたなぁ。

 しかしまさかジャッキー・チェンも己の出演作がこんな所で坂本浩一監督によってパクリオマージュされようとは考えてもみなかっただろうと。

 話の方は、まあまあの破綻ぶり(まあまあってなんだ?もう既に「破綻上等」って感じだね)。

 ビルズってイゴールに操られている設定だったと思うんだけど、なんでそのヒルズが、アカリの事大嫌いなイゴールの意向無視したり、選考権限ないはずなのにアカリを入選させちゃったりするの?

 あああれか、イゴールがアカリ憎さに、アカリを手元に引っ張り込んで平手打ち返しを企んでるとか(笑)。
 そう言えば、「やっぱりヒルズはイゴール側」の展開、前にもこのパターンあったな、、なんでこんな子供騙しにあっさり引っ掛かるのか?

 これってひょっとして脚本が途中で設定を思い出して、逸脱しかけた話を後で微妙に修正してるからじゃないのか?と、でなきゃ、後で仕掛けがあるのに、こんなに自然に話が導入展開していくワケがない(笑)。
 まあ、どーでも良いんだけどね。
 しかし、今回のエピは脇のキャラが面白かったなー。

 ビルズやってるセイン・カミュさんのあきれ顔とか苦笑顔とかいかにもガイジンさん特有の表情だったし、御成の柳君、アフロが似合いすぎってか、柳君は何でもはまる!そしてアカリの大沢ひかるちゃんは仕事が真面目でプロ過ぎる!アランの磯村君は、ホント、タコ焼き!(って可哀想)。

 そうそうムゲンゴーストのバランス欠いた無敵神様ぶりを心配してたんだけど、あれ最後の切り札に使うんだ。

 「そんなら最初からムゲンゴーストでイケよ。私は無駄な戦いが嫌いなのだ(by真田丸・三成)」って突っ込み入れなきゃ、暫くはこれで大丈夫だね。

 えーそれよか、仮面ライダーアマゾンズだ。

 アマゾン皆殺しのトラロック作戦は実施されるし、モグラ怪人マモル君は自分を可愛がってくれる三崎ちゃんの腕をもぎ取って食べちゃうし、鷹山 仁は恋女房を温泉旅行に行かせて決死の覚悟だし、裏のラスボス天条隆顕は気持ち悪過ぎるし、なんだかカタストロフィーに向かって大驀進中!
 単発映画じゃないのに、ここまでやって委員会って感じだけど、なんと次回で最終回。

 まあそれならそれでバッドエンドでオチを付ければいいかって思ったら、今、配信中なのはシーズン1なんだって、ってシーズン2がある、、、。それ考えると、今の展開って凄いね。


 これって、やっぱ「進撃の巨人」のヒットが大きいんだろうね~。

 「殺戮」を前提にしても「物語」が視聴者に受け入れられるってのが確認できたのが商業ベースのクリエイター側には大きかったんだろうって思う。

 特にアマゾンズの脚本書いてる小林靖子女史は「進撃の巨人」も手がけているから、そういう踏ん切りが付いたんじゃないかな。

 今まで、書こうと思っても色々な制約が働いて制御してた分を、かなり解放してそうな感じ。
 そういう事でシーズン2の予想なんだけど、これがまったく判らない。ってかシーズン1の最終回さえ予想が付かない。

 一応、「野生vs養殖」って銘打ってたから最終回では、鷹山と水澤の対決、つまり赤アマゾンと緑アマゾンの殺し合いがメインになるんだろうけど、展開的にどう繋げてそこに持っていくのか、あるいはそれをシーズン2にどう繋げるのか?
 うーん、まあ兎に角、水澤 悠が第3世代のアマゾンである辺りって、シーズン1ではあまり触れられていなかったから、シーズン2はそっち方面かなぁって感じ。

 人工生命がアマゾン、鷹山仁が人間に後からアマゾン細胞を付加した存在、って事は、普通の展開だと、水澤悠は人間とアマゾン細胞のハイブリットとして生まれたって感じでしょ。

 、、水澤令華の卵子を使って、、、まあ、そこまで小林靖子女史は悪趣味じゃないか、、。

f:id:saienji:20160620090800g:plain

 

 

 

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!