読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

真田丸 第17回 「再会」

 マイルドヤンキー清正の「お前には心がねえんだよ」から、三成「お前、泣いてるのか?」「バカと話すと疲れる」の流れ・・・おもろい・来たっ!と思いながら、同時に何故か、ホリエモン尾木ママの熊本地震自粛論争バトルやら、松本人志らの「(ホリエモン発言には)心がない」の流れを急に思いだしてドキドキした(笑)。

 まさかこの騒動の時点で、三谷氏がこの脚本書いてるワケがないだろうから、これは正にシンクロニシティ

 大河ドラマは放映期間が長いからコイツが起こる率はかなり高いんだけど、ここまで内容的なモノがシンクロニシティするのは、凄いね。
 きっとホリエモンも「バカと話すと疲れる」って思ってるよ、あの人は、絶対(笑)。

 でもそうは言っても三谷脚本版・三成の方は、ワケの判らない異常な屈折をしてるだけで、直江兼続が共感するように実は「熱い男」なんですけどね。
 って事で今回の真田丸の裏テーマは、「バカと話すと疲れる」ので「裏の裏を読む、先の先を読む」だったかな(笑)。

 大坂での石田三成大谷吉継ブレーンだとか秀吉の人たらし戦略なんかを見てると、地方にいる真田昌幸がいくら策謀家ったて、まだ可愛いもんだと思えるこの落差。

 上洛せず「とことん、真田の値打ち」を上げるんじゃと昌幸が考える一方で、秀吉は、今の所、そんな真田など眼中になく、織田家へのアプローチしか考えていないというね、ホント「裏の裏を読む、先の先を読む」のは難しい。

 まあこれは、昌幸が時代についていけなくなったと言うより、三成の例の手紙ネタ・信繁経由の情報遮断作戦が効いているのかも知れないけど(笑)。

 で、政治は大坂中心に動きつつあり、秀吉と家康の前夜会談へ、ここで演技達者二人による、家康「殿下、芝居がどんどん面倒臭くなっております」ダブル・ミーニングコント登場。  はぁ、、もう見てるだけで、お腹一杯になるわ。

 

 でも、清水ミチコの旭姫役起用の仕方は、あれ以上ない程、決まってはいたけど、さすがに歴史大河でやっちゃいかん芸事だろと(笑)。
 出雲阿国役のシルビア・グラブさん程度で止めて置いたら「うーん、やるなぁ、この起用、ニヤニヤ」で楽勝だったのに、なんであそこまで突っ込むかね~。

 本来、コミカル演技に地力がある大泉洋の真田信幸を、その立場の変化を含めてジワジワ描写する腕前があるんだから、もうちょっと笑いの比率を慎重にすればいいのにと思う。
 茶々への牽制の為に、思わず、きりを思い人と言った信繁の言葉に舞い上がるきりの描写程度で、「きり」なんちゃって。
 いや、chikaは見てて超楽しいけど、これで多方面から「こんなの大河じゃない」とかのアホなクレームが沢山入って、今の真田丸に横やりが入ったら嫌だもんね。

 正に「バカと話すと疲れる」の世界ですよ。

 

f:id:saienji:20160404095540g:plain

 

 

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!