読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

螻蛄 最終話

 螻蛄、終わっちゃいましたね。でも終わり方が、ガソリンきれそうだから、ちょっと給油して来るわ。って感じ(笑)。

 いえ、コレ続編があるっていう示唆じゃなくて、本当にそんな感じ。

 普通の最終回だと、そうなるかどうかは別として「大感動」とか「アクションてんこ盛り」の方向で走る筈なんだけど。螻蛄の場合は、結局、桑原が腹を拳銃で撃たれるというアクシデントがあったにも関わらず、桑原・二宮コンビの金の儲けは微々たるもので、悪態・ぼやき・八つ当たりのシーンが延々と続き、最後は自分たちを売った女古美術商から金を脅し取ろうとするも「やくざ」の義理を質に取られてアウト(少しは桑原生来の女性に対するやさしさもあったみたいだけど)。
 そういう既定路線のドラマ的なカタルシスって事だけで言えば、面白くない最終回だったけど、chikaにはとっても面白かった。
 北村一輝さんが演じる桑原がもう圧巻で、ホントに桑原ってゆー人物が実在してて、それを二宮視点カメラで生撮りしてるみたいな状態になってる。

 勿論、実際に桑原が側に近づいて来たら絶対逃げるけど(笑)。女にはやさしそうだけど、こっちがオカマだとわかったらイチビられているウチはましだけど、切れられたら何をされるやら、、。
 ホントにそんな風に思える人物造形に仕上がってる。

 濱田岳君の二宮は、演技って面では「凄い」って評価は出せないけど、だからと言って濱田岳君の二宮以外は絶対考えられない位のはまり具合。
 つまり人間そのものの面白さを、しっかり捉まえたドラマだったんだよね疫病神シリーズって。

 それにヤクザのどぎついアクションだとか、グルメ番組並の飯テロシーンだとか、大阪漫才の掛け合いをぶっ込みましたってゆー感じ。

 でつい最近、ある事に気づいて吃驚したんだけど、北村一輝の桑原のこの感じ、なんか初めてじゃないなぁってずっと思ってて、「あっこれ勝新の朝吉や」(笑)。
 chikaの脳内にあるビデオライブラリ・古典日本映画の部が、フル回転(未だに記録媒体がHD)。
 これって悪名ですやん、生まれ故郷の河内を追われた着流しヤクザ八尾の朝吉と、その弟分でハンチング帽にスカジャンで話の節々に英語を挟みインテリぶるチンピラの清次ですやん(笑)。 朝吉がね、勝新太郎、清次が田宮二郎

 特に勝新は朝吉と分離しがたい状態だったと思う、脚本がどーとか演出がどーとかではなく、観客はもう、スクリーンの中に朝吉が息づいているのをただ楽しんでるという状態ですね。
 多分、そうだっと思う。

(なにぶん、chikaが淫行に耽りまくると同時に、稼いだお金で学業を放棄し、ビデオと読書と旅行に余分な時間を全てつぎ込んだ時代の記憶だから、かなり補正がかかってる筈)
 うっすらとした記憶では、ビデオ見てたあの頃は田宮二郎さんが演じる清次が好きだったような気がするんだけど、今思えば勝新の存在感って圧倒的だったんだなと。

 まあ北村一輝さんは勝新みたいじゃなくて、何でも出来る人だけど、疫病神シリーズの桑原だけは、平成版「悪名」の朝吉ですね。桑原=北村一輝
 だから「悪名」が何本も撮られたように、続編と言わずに「疫病神シリーズ」は後、二本くらいは撮れるんじゃないかと、ねっ、お願い。どこかのプロデューサーさん!

 

f:id:saienji:20140411105319g:plain

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!