読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

真田丸 第12回 「人質」

 ゲームに例えるなら、ようやく、真田パパから源次郎にターンがまわってきたって感じですか。
 でも今回のホントの主役は、上杉景勝直江兼続なのねん(笑)。 上杉主従愛!!
 この二人が登場すると、どうしてもずっと前の大河『天地人』を思い出しますね。

 あれ後半にかけて駄目ップリが加速してすごかったけど、chikaは意外に歯抜けなしに見てた記憶が。

 多分、北村一輝さんの上杉景勝とか阿部寛さんの上杉謙信を見たくて、それで引っ張られたせいだろうね。

 それに後半は豊臣秀吉笹野高史さんも怪演だったし、もち小栗旬くんの石田三成もお目当てだったし、でも内容はグダグダだった。
 今回の景勝はエンケンさん。

 北村一輝さん演じる景勝は、とっても良い奴だけど何処か凄みがなくて優しすぎる感じだったなぁ、、BSスカパー!の「疫病神シリーズ」の桑原役なんかを見てると、この時の北村一輝さんがどれだけ脚本によりそって役作りをしてたのか良く判る。ってか「天地人」の脚本が甘甘だったんだけどね。
 三谷脚本バージョンでも、基本、景勝は義の人だから、「天地人」景勝との差は、ニュアンス的にそれ程差はないけど、「ええ格好しぃ」が新たにプラスされてそれが強調されてましたね。

 でも三谷脚本の深みは、景勝の「ええ格好しぃ」を皮肉で笑って捨ててしまうんじゃなく、ちゃんとそれを景勝の人間味や魅力に戻したり、直江兼続との信頼関係の描写に使ったりする所。

 ラスト近く、真田家が徳川を迎えうつ事になって、景勝としてはどうしても同盟国として援軍を出したいんだけど、お家の事情は逼迫してる。そういう状況の中での景勝&兼続の会話シーンが素敵でした。
「なんとかならぬか?」「なりませぬ」「そこをなんとか…」「そうおっしゃると思って領内から使えるものを百名ほどかき集めておきました」あの直後のエンケンさん演じる景勝の笑顔なーっ(笑)。子どもか~。

 でもこれグッと来るのは、前段までの「ええ格好しぃ」を自覚してる哀しい景勝を、ちゃんと描いてるからなんだよね。

 鉄火起請のエピソードは面白かったけど、「大岡裁き」かよーって気がしなくもなかったかな?
 源次郎が南北の漁師達に、浅瀬での漁を日にち交代でやってはと提案して、拒否され「それでは潮の流れで交代しては」と助け船を出した景勝のあのシーンね。

 あれはなんか違和感があった、そんな事も自分たちで考えつかない位、当時の漁師さん達ってバカだったの?って感じ。

 まあそこは、権力者たる景勝が言った(決めた)かどうかが法的拘束力を持つからなんだよと自分で補正いれときましたが。

 この鉄火起請のエピソードの後で、景勝と源次郎の疑似親子シーンを持ってきてるから、あれはあれなりに脚本展開上の必然性はあったんだろうけど。

 でも実際の源次郎を人質にしてた景勝と、源次郎の関係ってどんなだったんだろうと思うと凄く興味がありますね。
 意外と二人の間には物理的・空間的な接点がなかったのかも知れないしなぁ。

 そこの間隙を十分に埋めて膨らませて行くことが「真田丸」ワールドを育てる為に必要な事なのは良く判ってるんだけど、あまり欲張っても、、って今回、ちょっぴり不安に。

 

f:id:saienji:20131017094403g:plain

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!