読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第24話 未来の報酬&ハイキュー!!2ndシーズン第24話『極限スイッチ』

 「んなモン、マコト兄ちゃんがタケルに(眼魔世界ってのはこんなだよ)って一言説明してりゃ、全部済むことだベ」で、今回のも含めて、過去10本程のエピソード自体が全て瓦解する仮面ライダーゴーストなんて、感想を語る対象になりません。

 それよか、凄いのは鉄オルです。

 最近の鉄オル見てると「作画レベルが上がると脚本の攻めが厳しくなる」的ルールがあるんじゃないかと思ってて、今回も作画レベルが復活してて、こりゃ危ないんじゃないか?と思ってましたが、やっぱり攻めてきましたね。

 いきなり激戦区の野戦病院テント内みたいな倉庫描写で始まって、もしかして1話分見逃してるじゃないかと思いましたが、メリビットのナレーション説明で「ああこういう展開方法なのね」と、この「トバシ」を理解。
 確かに、少し見てたら「このはしょり方は納得できるなぁ、これ脚本の時間配分ミスじゃなくて、配慮なんだな」と直ぐに判りました。

 鉄華団の子ども達が、次々に死んでいくシーンって人数が多いだけに、やろうと思えば刺激的なエピソードなんか幾らでも作れますもんね。

 凄く凝縮したのを1本で充分です。

 今回の1本でもちよっと見てる方はアップアップしてたんじゃないかな。

 基本、鉄オルのガンダムバトルって「バキューン・ドッカーン、格好いい」クセに、ちょっと裏を捲ると「こいつの人間性ビビる」みたいな構造になってるから、ホントは凄くハードなんですよね。

 アメコミ実写映画がド派手なアクションシーンをいくら繰り返しても「死」とか「痛み」をあまり連想させないのと逆の構造。
 だから鉄華団の玉砕行動みたいなのを、コテコテダラダラ見せないのは制作側の知恵だと思いますよ。
 それとか鉄華団の行動を批判する者としてしてのメリビットの存在をちゃんと維持させたのもね。
 大人的にはオルガの宣言を否定しようとする『違う…そうじゃない。家族っていうのは…こんなの間違ってる!ビスケット君だってフミタンさんだってこんなの望んでない。絶対に間違ってる!』のメリビットの言葉を全面支持。

 だけど物語としての「鉄オル」はそこで止まってちゃ成り立たないので、彼ら「捨てられた少年達」とずっと付き合ってきたおやっさんが『ああ。間違ってるさ』とメリビットを肯定しながらも、その行動自体は鉄華団に黙って付き合ってやるという形なんですね。
「与えられなかったのだから、自分たちで作っていくしかない」って事が全てであって、その作りだそうとする世界の姿は、既存の価値観に照らしあわせた時、必ずしも「優良でハッピー」なものじゃないって事ですね。
 タカキの『うん。今まではなんとなく俺らは遠くないうちに死ぬんだろうなって思ってた』『でも俺らの誰かが死んだとしてもそれで鉄華団が見れる未来がでっかくなっていく。俺らの誰かが死んだとしても残った奴らはその分笑える』の台詞は「家族論」としてはメリビットが否定するように基本的に間違っているんだけど、その論自体、家族を知らない者には意味はなく、むしろ自分が生きてきた事への存在理由を「鉄華団の勝ち」に求める事の方がタカキ達には自然ってワケですね。

 でも鉄オルという作品自体の問題としては、ここまでの内容を視聴者に提示して、その先で一体何をしたいのかが判らないという事なんですね。

 このブログでも何度か触れてきましたが、ミカズキをどう描いていくかが全ての鍵を握っていると思います。

 今までのミカズキはキャラというより、物語を有無をも言わせぬ力で展開させていくトリックスター、あるいは「運命」という名前を隠した「純粋で完結した意志」みたいな存在、、でも片一方で、クーデリアの言葉の偉大さを評価したり火星に農園を持ちたいという希望を一人の少年でもある。
 このミカズキを、一人分の「キャラ」として、どう着地させるか?それが作品としての「鉄オル」の価値を決めるんじゃないでしょうか?

 まあ、充分、楽しませて貰ってますから、多くは望みませんし、鉄オルの場合どう終わっても残念感は抱かないだろうと思いますが。

 

 そしてTVアニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」!

 こちらはブログでは余り取り上げてませんでしが、ずっと見てます!

 ずっとお気に入りです。

「泣いて笑ってハラハラドキドキ!」なんて昭和な感想で申し訳ないけど、ベタで言ったらこの通り。
 第24話『極限スイッチ』なんて、リアルにスポーツ観戦でした。アニメ見てこんな感覚になったのは初めて!
 日本のアニメ、すげーデス。

 

 

f:id:saienji:20131017094403g:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!