読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

真田丸 第10回 「妙手」

 今回のサブタイトルの「妙手」、もしこの使い手が信繁じゃなくて昌幸を指すのなら、その「妙手」とは策略ではなく、昌幸が二人の子ども達を徳川の元に送ったり、信繁を上杉に向かわせた事だったんじゃないでしょうか。
 ドラマの中盤、昌幸が劣勢になっている碁面を事故に見せかけてグジャグジャにするシーンは、他のドラマでも時々見受けられますが、「真田丸」の場合は、それを北条と徳川の和睦という盤面に見立てている所がミソ、全てを任せた信繁が上手く上杉に取り入って局面を打破した後で、ちゃんと昌幸パパ、碁でも勝ってるじゃありませんか(笑)。
 とにかく、脚本が上手いと、役者さん達が光りますね。

 所が、つい最近の大河の場合は、それとは逆に、役者さんの熱演に支えられて不味い話がやっと見れるみたいな状況が続いていましたが。これですよ、これ、「真田丸」のペースで行かなくちゃ。

 信尹役やってる栗原英雄さんとか、兼続の村上信悟さんとか、そこまでちゃんと話題が回っちゃう。

 これがちょっと前のカスみたいな脚本だと、スポットライトは、当たってて当然の内野聖陽さんとか近藤正臣とか止まりでしょ。「カスみたいな」とかは言い過ぎだけど(笑)、つい最近の大河の脚本考えるとそこに歴然とした才能の差がある事は認めざるを得ないんじゃないかな。まあプロデュースの方向性も大きいと言えば大きいんだけど。

 「天地人」で主役を張った妻夫木聡君なんて、あの兼続をホントはどう思ってたんだろう?って思う。「天地人」で一番得したのは子役の加藤清史郎君だったという事が「天地人」の全てを物語っているって感じでしょ。


PS 今回、本多忠勝と源三郎の運命の出会い(笑)が、描かれていましたが、今後、藤岡弘、さんと大泉洋君の絶妙コントシーンが期待できますね。これ最大の楽しみです。

 

f:id:saienji:20141209125012g:plain

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!