読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

「真田丸」 第4回 挑戦

 なんだか感想が有りすぎて、まとまりのない文章になってしまいそう。
 でもこれは嬉しい困惑ですねぇ(笑)。
 それと「真田丸」の家康像は、信長協奏曲濱田岳・家康と妙に被る所があって面白いですね(三方ヶ原の戦いのウンチ漏らし)、普通のドラマだと家康って既に人間的に完成されてるってか例え敵役であっても偉人扱いなんだけど、この2作品では人間味があるってか、人間的にはかなり欠損があるけど、それを上回る能力(あるいは魅力)がある人物として描かれている所が共通点かな。
 で今回の見所の一つは、そんな家康と昌幸の腹芸応酬ってか胆力勝負でした(で勝負のキーポイントはウンチもらし)。

 内野聖陽さんの演技達者は、勿論なんだけど、草刈正雄さんがやっぱりいい、ホントこの人、年取ってから円熟しましたねぇ。
 このパートで今までの大河なら既にお腹一杯の状況(下手するとそこまでいってない)なのに、さすが三谷脚本、間を置かずに信長登場シーンへ持っていく所が凄い。
 まだ姿を見せないで近寄ってくる信長のブーツの足音が、彼の登場を待っている人間達の緊張の鼓動とシンクロして、ああこれってジョーズの演出だぁ(笑)。
 で最近、露出が多すぎて食べ飽き気味の吉田鋼太郎さんが、又、こーい演技を延々とって思ってたら、実に適正価格販売とゆーかドンぴしゃな使い回しってか演出!
 吉田鋼太郎草刈正雄の「眼差しクロス」共演、後にも先にもこれっきりかも。
 ってこんなの見れて「得したぁ」とか思ってたら、「おぬしが何をしたか申してみよ!申してみよ!申してみよ!!」ですよ(笑)。
 あー、凄い、いけないものを見てしまった。
 当時、ホモは幾らでもあっただろうけど、マゾはねー、ってかあんな権力構造に癒着した屈折マゾはねー、やっぱいくら大魔王の信長でも引いちゃうよ。(この時のビビリの家康も面白い)
 それが原因だったがどうか(原因な筈ないけど)すぐに「本能寺の変」で信長退陣っす!
 こんなに短い登場期間の信長で、こんなに濃い信長を見たのは初めて!いやー面白かったわぁ。

f:id:saienji:20140104165622g:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!