読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

「真田丸」 第3回 策略

 見てて「味わえる」ドラマって本当に久しぶり、これはNHK大河に限らず、最近のドラマって「感動の押し売り」、視聴者がドラマから読み取る感情じやなくて、大袈裟な台詞での説明か、BGM付きのただ漏れ感情表現ばっかだったもんね。
 それに今回、父親に道具として扱われる「嫡男」を演じた俳優・大泉洋に対する、芝居が上手いコメディアンぽい俳優とゆー視聴者の思い込みをちょっとは変えられたかと(笑)。

 確かに大泉洋は「おかしみ」が持ち味で、今回の病弱奥さんとの掛け合いの微妙な間合いなんか最高なんだけど、それだけじゃないんですよ、それだけじゃ。
 そうそう、第三回までのエピの積み重ねで、今後の「昌幸・信繁vs信幸」みたいな構図がかなり確定しつつあるんだけど、実際は昌幸と信幸って最後までお互いを思い合っていたんだよね。

 そういう部分を三谷脚本がどう描き込んでいくかも今後の見所の一つ、なんたって一つの家族を船に見立てた「真田丸」なんだから。
 もう一つの今回の見所は、長澤まさみ黒木華のお披露目、ネットなんか見てると色々な評価があるみたいだけれどchika的には長澤まさみの「きり」はそうとうお気に入り。

 三谷脚本が提示した『現代劇のせりふで時代劇を演じるのがミソ』という部分に、一番はまってるのが「きり」なんじゃないかと思うよ。
 見所といえば、可笑しかったのが藤岡弘さんの本多忠勝

 これは制作陣の狙いすぎ?最近の藤岡弘さんの立ち位置そのものじゃないですか!

f:id:saienji:20140927100502g:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!