読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

「真田丸」第1回 船出

 最近のNHK大河ドラマの出来が、余りにも馬鹿馬鹿し過ぎて継続視聴は「花燃ゆ」で完全停止。

 「真田丸」はどうかなぁ?って感じで様子見でした。

 NHK大河ドラマの出来不出来って、裏切られ感が半端ないんですよね。1時間という視聴ボリュームだとか、受信料だとか、今までの積み重ねだとかetc(笑)。
 でも今度は脚本が三谷幸喜氏、「新選組!」は大好きだったし「新選組!」で山南敬助を好演してた堺雅人さんが今度は主役、、。

 三谷幸喜氏は映画「ギャラクシー街道」でちょっと色々言われてるようだけど、言っちゃ何だけどその作劇が最近NHK大河で脚本書いてる人と並べられる訳もなく、これは見るしかないでしょ!って感じ。

 でもな~、それでも最近の大河が酷すぎた。外れて当たり前って感じだからねぇ、やっぱり臆病になっちゃうよ(笑)。

 で、NHK大河復活の第1回は、見事に「普通の開幕」ヤッター!もう「今回は凄いかも」なんて望みません。ある程度のレベルをクリアしてたらそれで充分、上出来です。そういう意味で「真田丸」、完全合格です。


 真田昌幸草刈正雄さん、良かった、、上手に役者として円熟しはりました。若い人はこの真田昌幸見て、昔の草刈正雄なんて全然想像できないと思うよ。

 逆に武田勝頼やった平岳大さんは、言い方悪いけどサラブレッドだから、今も今後も簡単に想像できる。勿論、悪くなるはずがない。真田信繁が「一人の人間としての武士の行き方」を武田勝頼から授かったという肝の部分も平岳大さんの「佇まい演技」があってこそだった訳だし。
 って事で第一回は草刈正雄さんと平岳大さんが良いトコ全部持っていった感じですね。

 「真田丸」、全体的にはコメディぽいノリが強い感じだったなぁ。「新選組!」の時は、軽妙な感じをかなり押さえてたんだけど、今回は意識してそっちの絞りを広げてるのかも。

 でも木村佳乃ちゃんなんて役作りにシビアに反応するから松も「軽~っ」って、直ぐになっちゃうのよね。その辺は役者さんがどうという問題じゃなく脚本の持って行き方の領分だから、その辺りの配分が今後の課題だよね。

 勿論、三谷脚本にシビアなドロドロは誰も求めてないとは思うんだけどね。

 ああ「求めていない」で思い出したけど、真田信幸役の大泉洋さんね。コメディー専門みたいなイメージが強すぎて役柄に合ってないとか言われてるけど、映画の「探偵はBARにいる」シリーズなんかでシリアスな役所も充分いけるとchikaは思ってるんだけど、これは中々賛同が得られないのよね。ガンバレ、大泉洋!!(笑)。

 

f:id:saienji:20140411105319g:plain

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!