読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダードライブ 第48話「特別編 ゴーストの事件」

 仮面ライダードライブの最終回ってかオマケ回は、「進ノ介、ベルト喪失症候群から立ち直る!」の巻でした。
 いやホンマに良くできたオマケでした。

 偽造サブタイに書いたけど、この喪失感に似たものは、オーズの火野映司がアンクを失ったあの感じ?

 いやちょっと違うな。

 アンクは少年冒険小説にそのまんま登場する憎々しいけど格好良い「相棒」だけど、ベルトさんは実社会でもいそうな保護者だったり理解者だったりの存在に近いし、進ノ介は映司と違って社会的にはかなり自立した存在だもんな。

 それでも超強力なサポーターでもあったベルトさんを失うって事はダメージが大きいんだよな。

 だってベルトがあると、普通の刑事にはハードルの高い「スーパーコップ」に簡単になれたんだから。

 って所で。現さんが先輩刑事としてとってもいい仕事してました。現さんのアドバイス効くなぁ~。

 現さん、こんな渋いキャラだったけ、太陽に吠えろの山さんか(笑)。

 あっピンと来ない?最近で言えばSPECシリーズ の竜雷太こと野々村光太郎ですよ。脚本が毛利亘宏氏に変わってるから現さんに対して無理が効くんだな。

 で進ノ介はベルトがなくても仮面ライダー、つまり「スーパーコップ」として、肝の据わった魂の射撃で霧子を無事救出。
 この落とし方はちょっと腑に落ちないんだけど、最初のグローバルフリーズの時に相棒を誤射で怪我させた時の進ノ介の心理状態との比較ってか、魂の成長ぶりを描いているんだよね?ってか現実的にはあれしか霧子の救いようがないけど(笑)。
 それとゴーストの絡ませ方も無理がなくて上手いな~。

 どっちの世界観も傷つけないで(ってかゴースト始まってない)ちゃんと話に収まってた。

 こーゆーの仮面ライダーシリーズの中では無茶苦茶珍しい(笑)。 サブの脚本家投入のタイミングがズバリあたったって感じ。

 ほんとドライブに関しては中盤の中弛みがなぁ(まだ言ってる)惜しまれるよなぁ。

 で今回、仮面ライダーでブレイクするのは今まで男性陣だけだったけど、今度は内田理央ちゃんもそこそこ行くかも、みたいな予感がするですヨ。
 まあchika的には俳優として稲葉友君一押しだけどね。
 兎に角、仮面ライダードライブ、一年間、ゴッチャンでした。

 ゴーストは幽霊バトルアクションが新機軸?主人公は、又、今時の子に逆戻りか、、、。進ノ介みたいな、しっかりした子を軸にした話を、ライダーでもう一回くらい見たいような。

f:id:saienji:20140927100502g:plain

 

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!