読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

「ドS刑事」ー最終話ー

 「ドS刑事」を最終話を含めて全部見た感想。(それにしても最終回に吹いた屋上の神風のお陰で久しぶりに多部ちゃんのおでこが見れて良かった。)
 最初は完全なお気楽オバカ娯楽路線かと思ったら、時々、キラッと光るものがあって、意外と「私脱いだらすごいんです」系の作品でした。
 勿論、本当に脱いだらやっぱり「すごく」ないのかも知れないんですが、「ひょっとしてこれ、真面目に作ったらそこそこ良い線行くんだけど、そこをワザと崩して娯楽に徹してる?」って感じを出すのに成功してますよね。
 勿論、メインが多部ちゃんのキュートな顔芸であったことはユルがない事実ですが、吉田羊さんとか、意外に大倉君の馬鹿っプリが良い出汁になってたし。(大倉君の演技については色々言われてるようですが、代官様のキャラ設定を考えるとその「問題の演技力」を含めて、上手く機能してたと思いますよ。
 たしかにこんな男がいると虐めたくなるし、同時にタフで馬鹿だから、何度でも虐められるし、一度なついたら絶対裏切らないし・・・そんな男を演技派のイケメンに演じられたらかえってイラっと来ません?)

 今期、期せずして「天使と悪魔」は剛力フェチ、「ヤメゴク」は堤ブランド、「ドS刑事」はタベ顔芸&ミッツ女装という不純な牽引力によって最後まで視聴してしまったわけですが・見終わった結果の個人内順位は、1位「天使と悪魔」、同率2位が「ヤメゴク」と「ドS刑事」。
 でも過去の実績とかを加味して最初予想してたのは1位「ヤメゴク」、2位「該当作品なし」3位「ドS刑事」圏外「天使と悪魔」だったので、ある意味「ドS刑事」は健闘したんじゃないでしょうか?
 「天使と悪魔」は、前にも書きましたが完全に予想外の出来、でも剛力殺めの存在意義は全然ないので、剛力フェチで視聴を続けたchikaにはその出来の良さには意味がありませんでした(笑)。
 って所で、最近見たトレビドラマの大雑把な括りはおしまい。

 そう言えば、3本とも女性が主人公の刑事ものでしたね。剛力彩芽多部未華子大島優子か、、うーん色々考えさせれるなぁ。

 今?
 今はですね~、、「フタガシラ」じゃないでしょうか?
 「フタガシラ」のオープニング見てて既視感があるなぁ~って思ってたら「これって映画のシン・シティのノリなんじゃない?」って気がつきました。
 「シン・シティ」2作目は正直言ってパワーダウンしてて好きじゃないけど、1作目は大のお気に入り、それが日本の時代劇で見られるなんて良い時代になったもんだ、、と、悦に入ってますが。
 でも脚本は中島かずき氏しかいなかったの?って感じですかね。
 ・・いや、いないんでしょうね、「シン・シティ」の吹っ切れ感とか、バカヤロー感とか、悪党どもの凄みと魅力感とか、確かに中島かずき氏をチョイスしたのは間違いじゃないとは思うんですが、、でも他にいなかったのか(くどい・笑)。

 

f:id:saienji:20131022150322j:plain

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!