読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

米朝師匠死去

人間国宝の落語家・桂米朝さん、肺炎のため死去


 衰退していた上方落語を復活させ、落語家として初めて文化勲章を受けた人間国宝桂米朝(かつら・べいちょう、本名中川清=なかがわ・きよし)さんが19日午後7時41分肺炎のため死去した。89歳。旧満州(現中国東北部)生まれ。葬儀・告別式は25日午前11時から大阪府吹田市桃山台5の3の10、千里会館で。喪主は長男米団治(よねだんじ)さん。

 1947年に四代目桂米団治に入門、三代目桂米朝を名乗った。演じられなくなっていた上方落語の古典演目を発掘し、現代向けに構成。六代目故笑福亭松鶴さんらとともに「四天王」と呼ばれ、衰退していた上方落語を再興させた。

 端正で明快な語り口で、「たちぎれ線香」「百年目」などを得意とした。門下に、故枝雀さん、ざこば、南光ら約70人(故人を含む)。五代目米団治は長男。96年に人間国宝。2009年には落語家初の文化勲章を受けた。

 最後の舞台出演は13年1月2日に大阪市内で開かれた「米朝一門会」。同年8月に肺炎で一時、入院した後、唯一レギュラー出演していたラジオ番組も終了した。

  金子國義さんに続き米朝師匠も、、天寿を全うして、という言い方もありだろうから仕方ないけど。
 一人の才能に全てが収まっている芸事だから、その人がお亡くなりになると「記録」以外は何も残らないんだよね。

 手塚先生の時もショックだったけど、漫画と違って落語はライブ感のウェイトが大きいからなぁ。

 でも、ご高齢では師匠が思っている「喋り」を満足に出来たかって事もあるから、今までのご功績を思うと、やっぱり「成すべき事を成して」お亡くなりになられたのだろう。
 演題「地獄八景亡者戯」に、もう一人登場人物・落語家米朝を加えて、あの世でご陽気に演じられている事をお祈りして、合掌。

PS お約束していました「破門」総集編、本日「茶巾縛りと茄子」にアップしました。

 

f:id:saienji:20130905125030j:plain

 

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!