読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダー鎧武 第36話 「兄弟の決着!斬月VS斬月・真!」

 兄弟対決?しかも決着は鉄板、非情になりきれない弟思いの兄の躊躇をついた弟の勝ち。
「えっえっ、そうだっけ?なんで話がこうなっちゃうワケ?確かに、貴方(脚本書いてる人)にそう言い切られると、反論の余地はないんだけどさ。」って感じの展開が、虚淵脚本には一杯一杯あるんだよね。
 ミッチの兄貴への恨み節も、過去のエピソード見てる限りには「そんなに恨んでたっけ?別にフツーの顔してたけど、、。」ってのが殆どだったし、逆にミッチって貴虎がシドとかにやられた時も平然としてたしさ。
 虚淵脚本って最初は、まあ仕方ないかなって思ってたけど、最近は、その変わり身の手口が余りに鮮やか過ぎて腹が立ってくるのよね。

 人物設定がブレてるなんて所のレベルじゃないもん。

 戒斗は血相変えて「大親友の紘汰」の為に助けに駆けつけるしさ、耀子はしおらしい小娘みたいに貴虎に謝ってるし、、まあどーせ「状況が切迫」してるからって説明なんだろうけどさ。

 今回のエピソードだけを見た人は、ミッチと貴虎の兄弟関係はずっとそうだったんだ、、だったらミッチもあーなるの仕方ないよねー、貴虎も可愛そうって思うかもしんないけど、このエピまで欠かさず鎧武見てきたchikaにとっては、この兄弟に意思疎通上の齟齬があるのは判ってたんだけど、その原因を初めて知って「えーっ、実はそうだったんだぁ。!」って改めて感心・・・感心してる場合じゃねーよ(笑)。
 そんなら、もうちょっとその手のエピを盛りこんどけ!ちゅーの。
 今までの流れだと、ミッチが黒くなったのは貴虎なんて関係なくて、只々、本人の気質のせいだよ。
 それともその程度は、今回の説明エピで、視聴者が脳内補完しろっちゅーのか?
 そーゆーの世の中じゃ、後出しジャンケンちゅーの。後出しジャンケンがなんで卑怯なのかわかってる?
 後出したら必ず勝てるからだよ!もう、こんなんばっかしやん。
 思わず「脚本書く資格なし」って言いそう。文字ってっさ「その時、人間世界は壊滅した」って数文字書くだけで、世界は壊滅したことになるんだよ。だから虚構を文字で構築する人間は、それなりに、その数文字に責任を持たなきゃならいないと思うの。その数文字に辿り着くまで、あるいはその数文字の後始末するために、自分の脳みそふりしぼってさ、話を作る義務があるのよ。
 これは、「面白い面白くない」以前の問題。
 そして大体において、そーゆー責任を持たない人の書く虚構は、結果としてその作品も面白くない。
 まあ、これはchikaの持論だけどね。(実際、別のアプローチで物書いて成功する人はいる。けど、虚淵さんはそーゆータイプの作風じゃない)
 大体、レデュエの論法がさ、気持ち悪い。正直、作劇上、レデュエが敵役だからこういう論法を使ってるんだって、あんまし思えない。
 ひょっとして虚淵さんって、人間って罪深い存在だからこのロジックも「有り」だって無意識に思ってるんじゃない?
 ・・それは構わないのよ。それを無意識に否定しようとする心が働いて、物語の底流の部分が勝手に動いて行くって事もあるだろうしさ。でもそれを虚淵さん、無意識レベルでこの黒さを完全に否定出来てないんじゃない?
 普通なら紘汰のレデュエに対する「怒り」が、見てる側に本当にガツンって伝わる筈なんだけど、まだ紘汰の「怒り」って悲鳴が混じってるような気がするのね。クウガにおけるン・ダグバ・ゼバとの最終決戦で見せた、五代の「怒り」の中に、一種の悟りに近い優しさがあったのとは対照的だし、第一、圧倒的に主人公の精神的成長過程の描写量が違う。
 三十話超えても、まだ主人公がヒーローじゃないのね。ってか、鎧武にヒーローって一人もいないよね。構成として最後の最後に華々しく散って、やっとヒーローになれるわけ?
 仮面ライダーのヒーローって、挫折や苦悩してる時点で、その精神の気高さにおいて既にヒーローだったじゃない?

 それをわざわざ否定したドラマ作っても、ライダーとしてなんも面白くないもん。

「らしく」と言えば、帰ってきた新谷和彦が、MOZU Season2 ~幻の翼~第三話で都市伝説としてのMOZU新谷ヒロミに大変身!新谷ヒロミらしくなってきたぞー。

 ほんと「女装」が仮面ライダーの「変身」と同等の意味を持ってるんだね~(笑)。

 chika的にはとってもデリシャスな取り扱いコンセプトなんだけど、大人が見るドラマとしては、ちょっとイカれてるんじゃない(笑)?

 ビルの屋上の崖っぷちで女装して仁王立ちとか、スパイダーマンみたいに女装した新谷がスルスル降りてきたり。

 まっこんな馬鹿やってても女装した池松壮亮君が、「アーマードライダー」ならぬ「アーマード女装」みたいな、不思議可愛い魅力を発揮してるから許されるって部分も大きいんだけどね。

 話の方は相変わらず、なんだかここで取り上げる程の値打ちもないってか、なんでこんなに大袈裟に盛れるん?って感じ。

 とにかく役者さん達の立ち振る舞いが格好良ければそれでいいって感じ。

 名波汐里やってる蒼井優が頭部に布袋かぶせられて、もうすぐ射殺って場面で脚を小刻みにガタガタさせるシーンなんか痺れたゾ。

 でもそれだけ、よく考えると内容はなんにもない。そーゆー意味では虚淵脚本の鎧武もそれなりに健闘はしてるってことなんだろうか(笑)。

 MOZUと鎧武と脚本書いてる人入れ替えたら両方とも今より面白くなるんじゃない?虚淵さんなんてオメラスの話なんかムチャ得意そう(笑)。


PS 長谷川博己の東和夫が相変わらず良い、「地獄でなぜ悪い」の平田純を思い出す。あの狂気のドライブ感が気持ちいー!

f:id:saienji:20140704120111g:plain




ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!