読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダー鎧武 第34話「王の力と王妃復活」

 今回のエピソード、好き嫌いで言えば、好き。

 特にミッチがチーム鎧武のガレージに戻ってきてからのシーンね。耀子&戒斗とミッチの緊張関係が生み出す「俺は知ってるぜ、あたしも知ってるわよ、ばらしちゃおうか、いや今はやめとうこうぜ」vs「やれるものなら、やってみれば?所詮、あんたらは外様なんだよ、みんなはどっちの言う事を信用するだろうね」みたいな心理戦のひりつく感じが好き。

 クライムノベルなんかに登場しそうなワンシーンだったよ。
 でも、これが仮面ライダーに必要なシーンなのかどうかは多大の疑問が(笑)。
 勿論、平成ライダーが生まれた最初の頃の主要なコンセプトは「大人の鑑賞に耐えうる」だったから、シリアスな設定や 、斬新な切り口の話運びが、過去には沢山あって、「仮面ライダーに必要(不必要な)なシーン」の規定なんてものは厳密にはないんだけどね、、。
 でも「龍騎」なんかは、話がドライブしまくっていて「どんだけいくねん?」って感じだったけれど、後から考えると、一つ一つのエピソードが全部「仮面ライダー」だったんだよね。
 ラストに向かっての息苦しさでは「ブレード」もかなりの線行ってたけど、あれなんか正に仮面ライダーゆえの成り行きだろうって、すごく納得させられるし。
 でも鎧武に関しては、こんな展開が必要なのか、良く判らない。
 アニメで「ヘルヘイムの森の彼方へ」とかのタイトルで深夜にやってれば全然Okだったとは思うんだけどね。
 勿論、そうであったならchikaなんか、視聴すらしてなかっただろうけど(笑)。
 鎧武の持つ違和感の原因は良く判らないんだけど、、、仮面ライダーと言えばベルトでしょ、そして変身。
 この二つが「力」の源になっている。
 ある主人公は、運命によってそれを授けられ、ある主人公はまったくの偶然によってそれを手に入れる。
 そして主人公の意思による「力」の行使と、問題解決に対しての「選択」が始まる。
 つまりその過程が、その時々のヒーロー像に形成されていくわけね。
 鎧武の場合は、主人公達が「力を手に入れた・手に入れる」と騒いでいるんだけど、どれもこれもトランプゲームで良いカードが配られたか、そうでないか程度のことでしかない。
 主人公達が精神的に強くなっていくワケでも、成長するわけでもなく、ただ配られた手札の強弱によって本人が状況に対応して「変化」するだけという話。
 戒斗なんか、もし「ドングリ」しか手に入らなかったら本当にただの雑魚キャラ。耀子には鼻もひっかけられなかっただろうし(笑)。 街をほっつき歩いてギャンギャン喚いてるだけでなんにもしてなかったMOZUの倉木そっくりの造形だね。
 紘汰だって、なぜかサガラが紘汰の事を見込んでくれて、新アイテムをめぐんでくれてるから(勿論、主人公だからと言い換えてもいい)辛うじて主人公ぽい、悩みを抱え込めてるけどさ。
 もし紘汰が、誰かのアイテムを拝借したりせずに、最初に手に入れたオレンジのままだったら、悩んでるスケールもちいさいままってか、早期退場が自然の流れでしょ。

 なんだか「主人公がこれだけ人間的魅力があって、しかも悩んで努力したんだからライダーとしてパワーアップするのが当たり前なんだ」ってゆー納得感が全然ない。勿論。俳優さんの演技力や演出の問題じゃないよ。
 つまりそーゆー事なんだよね。
 その代わりと言っちゃなんだけど鎧武の場合、ミッチの黒い成長ぶりばかりが目立つんだよなー(笑)。
 最初、登場した頃のミッチを思い出してごらんよ、その変化は、正に「黒い成長」。
 他の登場人物が全然、成長しないで、ただ手に入れたアイテムと状況に対応して「変化してる」だけに過ぎないのに、ミッチの場合は、明らかに黒く成長してるよね。

 紘汰は基本、成長じゃなく変化だけだから、物語の最終局面に対応していくためには劇的な出来事が起こらない限り次に進めない。たとえば「自分が倒したインベスの正体が裕也だった」とか(それさえももう忘れ去られてるけど)、次は突如前に出てきた姉・晶が、犠牲になって紘汰が怒りと悲しみのあまりにオーバーロード化を進めるとかね。

 でも結局、虚淵脚本だと、紘汰は最後まで「紘汰」なんだろうけどね。だって虚淵脚本上の主人公設定って元来の「仮面ライダー」コアじゃないみたいだし、でもそれだと世の中通らないから紘汰をダミーの主人公にしておくしかないんじゃないの?

 そーゆー構造だから紘汰はいつまでたっても物語の中心に座らないし、「変化」は、するけど本質的な「成長」はしない、、主人公ダミーだからね、、。
 ひょっとして「仮面ライダー鎧武劇場」という名のダークファンタジーの主人公はミッチなの?
 彼の変身ベルトは「僕の居場所」だったんだね(笑)。

 本当、冗談抜きで虚淵さん、ミッチ助けてやりなよ。このままミッチを黒く染めて葬り去るの?
 そこにどんな意味があるの?表のライダーを形成し損ねてるのに、裏の黒ライダーまで真っ黒のまま殺して意味あんの?

PS あっと文中にMOZUの話が出てきたからMOZUのことをちょっと。
 MOZUの第2部は、地上波でさんざん色々言われたせいなのか、ちょっとこなれてきた感じ。

 それとも第1部は、やっぱりWOWWOWへの導線として内容無視して、話題とる為に出来るだけ派手にやらかしたんだろうか?(笑)。 うーん、でも、2部も格好を付けるだけ付けて、話としては突っ込み所満載体質は相変わらずだから、1部はそんなに計算もしてなくて、素でアレだったような気もするけど。
 そうそう、東がマトリックスサングラスかけてヘリコプターに乗って帰って来ましたよ。

 なんで飛び降り自殺したやつが、力の背景もないくせにヘリコプターをチャーターして帰って来れるんだよ、どーせ、後付のつまらん設定こさえたんだろ?そのせいで、又、話がグダグダになるくせに!とか笑いながら、それでもハセヒロの「東」格好いー!とか思ってるchikaがいるんだけどね。

 まあその程度のドラマだよ。でも相変わらず香川照之さんの演技だけは頭一つ抜けてるね、それだけは確か。

f:id:saienji:20140306154853g:plain

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!