読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saienji's blog プププのプゥだぜぃ

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!

仮面ライダーエグゼイド 第23話 「極限のdead or alive!」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話 「約束」

えーっっ、エグゼイドってまだ23話目だよね。 前にも「話が端緒に付いたばかりなのに、、こんなに展開早くて大丈夫か?」って書いた記憶があるんだけど、またまた黎斗消滅でそんな感じ。 それでも前回はなんとなく話は繋がったんだから、今回も当然のように…

仮面ライダーエグゼイド 第22話 「仕組まれたhistory!」&機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話 「生け贄」

高橋悠也脚本ってホント、最近の軽自動車みたいだね。 燃費が良くてスピードが出て小回りが効いてって感じ。 ただし事故に遭うとペッシャンコ。フレーム強度が弱いからね。 悪口って事じゃなく、もうこれは消費者側の選択で軽自動車を製造したり販売したりす…

仮面ライダーエグゼイド第21話「mysteryを追跡せよ!」&機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」

黎斗の言ってる仮面ライダークロニクルのゲーム設定、「一般人が仮面ライダーに変身し、現実の世界でモンスターと戦う、命がけのサバイバルゲーム」の着想は龍騎からでしょ? いや黎斗がって事じゃなく、高橋悠也氏のって事だけど(笑)。 それで、このゲー…

仮面ライダーエグゼイド第20話「逆風からのtake off!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話「これが最後なら」

今回のサブタイ「逆風からのtake off!」って何だよーっ、テキトーに付けてやがんなーって思いましたよ(笑)。 もしこれが高橋悠也氏ご本人が付けてるなら「今回、まっこんなモンでしょ」って感じかな。 内容的に仕込みがきつくて濃い展開の回は、サブタイ…

仮面ライダーエグゼイド第19話「Fantasyは突然に!?」&機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」

エグゼイドの脚本って面白いですよね。 しかーし、一年間に渡る展開を毎回バトル入れながらも、それなりに凄く上手く転がしてるなーって思う時が多いんだけど、褒めた途端に「何なのこれ?」みたいなエピがかなりの確率であるんだよねー(笑)。 ライダーの…

仮面ライダーエグゼイド第18話「暴かれしtruth!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真意」

エグゼイド、嬉しい予感の方が当たって、確かに面白くなりつつあるんだけど、時々、話の中心の核になる部分がよく判らない事が多いんだよねー。 今、展開してる話では、永夢がゲーム病だって事が、そんなに一大事なのかなーって、思うんだよね。 敵も味方も…

仮面ライダーエグゼイド第17話「規格外のBURGSTER?」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前」

敵モンスターの中にも実は良い奴がいて、、って時々、お目にかかるパターンは、仮面ライダー史では、かなり古くまで遡れて、その中でも有名なのはアマゾンのモグラ獣人ですかね。って事で、エグゼイドではバガモンバグスター(笑)。 今回、それだけの話なん…

仮面ライダーエグゼイド第16話「打倒MのParadox」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の」

何だか最近、エグゼイドって、にわかに登場人物達のキャラが立ってきたとゆーか、とても好ましい傾向です。 ひょっとするとエグゼイド、ダメダメになった平成後期仮面ライダーシリーズの救世主になるかも知れないなー。 NHK大河の「真田丸」がそうだった…

仮面ライダーエグゼイド 第15話 「新たなchallenger現る!」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」

うーんなんか、この展開、主人公以外が全部、大人で、主人公だけが未発達児童って感じじゃん。 あの大我でさえ、今の永夢と比べると、別次元でしっかりしてる。 話の展開上とは言え、面白いなー、ハッキリ言ってユニーク。 それに、一人の人間が精神分裂して…

仮面ライダーエグゼイド第14話「We're 仮面ライダー!」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話 「助言」

この前の感想で「今時のライダーで、まともなモチーフ拾っても仕方ないんじゃない?」って書いたけど、後半のエピソード見てたら、吃驚するぐらいまともに話を回収しててかえって吃驚した。 しかも主人公がゲーム病だっていう、次の展開への橋渡しもちゃんと…

仮面ライダーエグゼイド 第13話 「定められたDestiny」

「相棒」辺りの脚本展開だと、今回のエピは「ゲーム病を治しても助からない患者」が重要な軸になるんでしょうけどね。 エグゼイドの場合は「そんなの必要ある?」ってのが先に来るからなぁ。 ちょっと「つまんでみました」なら、やらない方がましのような。 …

仮面ライダーエグゼイド 第12話 クリスマス 特別編「狙われた白銀のXmas!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話「天使を狩る者」

10話にしてグラファイトが、ポッキリ退場かよーって、それくらいで驚いてちゃ行けないな。 12話で監察医探偵・貴利矢、消滅!! 殺し合いゲームの「龍騎」の時より主要キャラの退場率が高い、、、でその展開がサクサクしすぎてて吃驚した。 普通、貴利矢クラ…

真田丸 第50回 最終話

歴史大河の最終回で、大泣きできないのは三谷脚本だから、と言う結論でOK? ただしこれは、批判や悪口じゃありません。 三谷氏は、やはり喜劇作家だと思うのだけれど、彼の喜劇は悲劇と裏表で、哀しさが多い分量だけ、おかしみが多いという構造になってい…

仮面ライダーエグゼイド第11話「Who’s 黒い仮面ライダー?」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話「クリュセ防衛戦」

いつも展開が速いエグゼイドだけど、ピリオドや転換点も「速い」。 ポン、ってかチョンでおしまい。 黎斗社長が自らを「黒いエグゼイド」だと名乗って、死のデータとやらを回収し、ゲームバトル世界は次のステージへ。 でも今の所、日向恭太郎がいい人なのか…

真田丸 第49回 「前夜」

最終話のいっこ手前で、きりちゃんを持ってくるかー、「さすがよのう、三谷幸喜」って感じでしたね。 あれは、ずーっと真田丸を視聴し続けた人へのご褒美みたいな感じでもあったし(笑)。 chikaも三谷脚本って、ちゃんと女性を真正面から描こうとしてないな…

仮面ライダーエグゼイド第10話「ふぞろいのDoctors!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話「穢れた翼」

えーっ、10話にしてグラファイトが、ポッキリ退場かよー、、ってのが素直な感想。 なんたって先の仮面ライダーゴーストの、「敵キャラ無制限蘇り」の悪い記憶があるもんで、、しかも、今度も霊界ならぬゲーム界の話だからね。 あれ、嫌なんだよね。あーゆー…

真田丸 第48回 「引鉄」

しかし、最終回も近いというのに、何だか盛り上がらないなー。 しかもこの盛り上がりのなさは、真田丸の感想を書き出した当初から言ってる「新撰組!」での「決定事項としての滅び」を見せられる、あのオフビートな感じでもない。 かと言って真田丸が「面白…

仮面ライダーエグゼイド第9話「Dragonをぶっとばせ!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第35話「目覚めし厄祭」

貴利矢が衛生省大臣官房審議官(笑)こと日向恭太郎に、「16年前に宝生永夢の手術をしたらしいですけど…先生ってほんとにあいつの命の恩人?」って迫った時に、本気でこの路線で行くなら高橋悠也って人はたいしたモンだなぁって思いました。 でも平成初期ラ…

真田丸 第47回 「反撃」

今回のエピソード、「交渉は、おなご同士になったか、それでは正信が使えぬではないか、厄介な、、」、、「ウホッ、いや、儂には阿茶局がおるではないか、忘れておったわい」みたいな、判りやすい顔芸する内野聖陽さんの家康ぶりが素敵でしたね。 この方、ま…

仮面ライダーエグゼイド 第8話 「男たちよ、Fly high!」 & 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第34話 「ヴィダール立つ」

先の感想では、「今の展開スピードだと、次の新しい仕掛けを盛り込まないと10話くらいで終わっちゃう」みたいな事を書いたんだけど、今回早速、「適合者手術」で仕掛けてきましたね。 確かに最初は、カラフルでプラスチックな画面に目が慣れるのに気持ちを…

真田丸 第46回 「砲弾」

これからの「真田丸」、幸村は活躍しても「スカッと爽やか」って訳にはいかないのは判っているんですけどね。 「新撰組!」にしても、なんで三谷さん、こういう、「先が詰まってる題材」を大河でわざわざ選ぶのかなー。 その癖、あちこちでコメディ要素をい…

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」&機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話 「火星の王」

貴利矢ファッションね。 あれ、ずっと前から、突っ込もうと思ってたんだけど、何故かその勇気がなくて(笑)。 でも今回のエピソード見て、ああこれは、素直に「やさぐれ」ファッションの理解で良いんだと踏ん切りが付きましたよ。 貴利矢君は、その人生にお…

真田丸 第45回 「完封」

今回、大変面白く真田丸を見させてもらいました。 「新感覚」というか、何というか、格式のある歴史大河(笑)で、こんな戦闘場面初めてだったし、これ、堺雅人さんだから演じられたんだと思います。 他のいかにも線の太そうな男優さんだったら、どんだけ意…

仮面ライダーエグゼイド 第6話 「鼓動を刻め in the heart!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 第32話「友よ」

エグゼイドってマジで「龍騎」を下敷きにしてるのかなぁ?って思っちゃいますね。 永夢なんかも、「龍騎」の初めの頃の城戸真司の素直な明るさとか、影の薄さもよく似てるし(笑)。 飛彩も仮面ライダーナイトの秋山蓮をライトに熱くした感じだしね。 さしず…

真田丸 第44回 「築城」

今回のエピソード、オープニングをエンディングに回した演出で(壁がドガーンと割れるなど効果音もかなり変更あり)、ネット上では「感激した」とか「鳥肌が立った」とか「涙が出た」とか大騒ぎでしたが、chika的にはニヤリとしたものも、そこまで驚くほどで…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 第5話(第31話)「無音の戦争」 ※以降、鉄オルは通ナンバーで記載

今回は、仮面ライダーエグゼイドがニチアサ定番、「イベント中継の為、放送休止」で、感想が書けません。「ひょっとしてエグゼイド、化けるかもー」って密かに期待してたので、拍子抜けです(笑)。 って事で、感想は鉄オル2期ですが、こちらはこちらで、次…

真田丸 第43回 「軍議」

三谷さん、「軍議」の場面なんか、大好きでしょうね。 で、やっぱり今回、45分間、フル軍議でした(笑)。 五人衆、プラス豊臣家臣、それぞれの人生や心情が起点となって、クルクルとオセロのように軍議内容の「籠城か出陣か」が、変わって行く様は、見事…

仮面ライダーエグゼイド 第5話 「全員集結、激突Crash!」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 第5話 「アーブラウ防衛軍発足式典」

今回のサブタイを見た時、「8時だよ!全員集合」とか迂闊に読んでたんだけど、内容も悪い意味でなく、そんな感じ。 仮面ライダー使って、皆で楽しく、ワチャワチャ騒ごうよって感じで、これは、コレで有りな方向性だなーと。 一応、脚本の話の組み立てとか展…

真田丸 第42回 「味方」

今のところ、後藤又兵衛は、「新撰組!」の芹沢鴨ポジションなのかなぁと思いましたね。 「新撰組!」でも、部屋割りで芹沢鴨が荒れまくりで、その時、新撰組でいろいろとマネージメントしてたのが堺雅人さん、いや違った山南敬助(笑)。 でも三谷さんは、…

仮面ライダーエグゼイド第4話「オペレーションの名はDash!」&機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 第4話「出世の引き金」

しばらくの間、「貴利矢が、なぜ嘉高を助ける為に飛彩ではなく永夢を選んだのか?」って考えてて、これは脚本のポカとゆーか、ご都合主義?って思ってたら、最後の最後に貴利矢の正体が、熱血野郎系じゃなくてゲス系だって事が明かされて、「なるほどー、そ…

真田丸 第41回 「入城」

うーんなんと言っていいのやら、感想書くの困るわー。 全然面白くない!ってワケでもないんだけど、三谷脚本のアカン方の通常運転と言うか、そんな感じのエピソードでした。 それと「幸村」のキャラ設定だけど、ホントにコレで良いのかなぁ? 信繁のままだっ…

仮面ライダーエグゼイド第3話「BANしたあいつがやってくる!」&機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 第3話「夜明け前の戦い」

新登場の大我と飛彩の間にある過去の因縁か、「これはいよいよ仮面ライダー龍騎だなぁ」と、ニヤニヤしながら見てました。 でもそれだからと言って内容的に凄くなりそうな、、って予感が全くしない所が「仮面ライダーエグゼイド」。今回、監督が坂本浩一氏だ…

真田丸 第40回 「幸村」

片桐且元さん回でしたねー。(あくまで泣かせたのは、信繁ときりちゃんの絡みだったけど)。 内容的には賛否両論、しかも歴史解釈上のあれこれや、幸村というフィクション上の人物とリアル信繁をどう繋ぐかって事だから三谷脚本の諸々が、否が応でも槍玉にあ…

仮面ライダーエグゼイド第2話「天才二人はno thank you?」& 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期 第2話

アニメでは「文豪ストレイドッグス」が2期に入ってますが、あれって古典の文学者を扱ってますけど、全然、ご本人や作品内容とは関係ありませんよね。 でもティストだけはちゃっかり戴いてる。 インスタントラーメンはラーメンとは別の食べ物なんですよね、そ…

真田丸 第39回 「歳月」

なんかね、今回のエピソードは、「新撰組!」の後半に感じてた、あの秋口に感じるもの悲しさというか寂しさをね、やっぱり感じてしまいました。 今度は、「新撰組!」とは違って、ただ切腹だけがゴールじゃなくて、大坂の陣があるから、その点はましにはなる…

仮面ライダーエグゼイド第1話「I’m a 仮面ライダー!」&機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期 1話

第一話を見た限り、この脚本を書いてる人ってかなり真面目なんだろうなって気がしました。 医者・ゲーム・仮面ライダー、この三つの要素を、どう無理なく結び合わせていくか、一生懸命考えたんでしょうね。 主人公は青年である必要があるし、かといって現役…

真田丸 第38回 「昌幸」

三谷脚本が派手に仕掛けておいた、治部の清正に対する謎の伝言の正体が、ついに明らかに!!って、結果は極めて普通でしたが、三谷さんは視聴者が思う「三谷ならきっと凝った答えを用意しているに違いない」という裏の裏をかいたんでしょうか(笑)。 ってか…

仮面ライダーゴースト 第50話(特別編)「未来!繋がる想い!」

日本には「終わりよければ全て良し」という、よく考えてみると意味不明、でも極めて使い勝手の良いフレーズがあるんですが、 第50回(特別編)は、その「終わりよければ」パワーを使っても、もう一つの出来。 ってか「終わりよければ」を当て込んだ作りだっ…

真田丸 第37回 「信之」

第37回「信之」、個人的には、華やかさはないけど、意外に後からジワッと来る佳作回(意味深)でした。大泉洋さんが、シリアスな演技を妙に上手くやるから、なんだか落ち着かない(笑)。 冗談はさておき、いつもみたいに、「三谷脚本、そう来るか(ニヤリ)…

仮面ライダーゴースト 第49話「無限!人の力!」

最近のJ・POPの歌詞って、雰囲気アゲの言葉羅列が多いってのは良くいわれてる事だけど、仮面ライダーゴーストは全部、そんな感じだったし、最終回はその総仕上げでしたんな(笑)。 なんで感動せなアカンのか、よう判らんのやけど、雰囲気で、これは感動せな…

真田丸 第36回 「勝負」

うーん、別に「関が原」描写が秒速だったからってワケでもないんだけど、最近のネット界隈の真田丸に対する「脳内補完」勢力とか「深読み」勢力に対して、ちょっと考えさせれる今日この頃で御座るよ。 ってかchikaも、この二つの勢力の端くれであるような気…

仮面ライダーゴースト 第48話「終結!悲しみの連鎖!」

出だしから、スムーズで納得の行く展開、これはクレジットを確認するまでもなく、福田脚本に違いない、制作陣も最終回は福田脚本でフィニッシュで行く事にしてたんや。 これで安心、、、と思ったけど、後半になるにつれ、、アレレ、、。 後で確認したらやっ…

真田丸 第35回 「犬伏」

感涙のエピソードの筈の「犬伏」、、、chikaの場合、何故か、そーゆーの来なかったですね。 Webなんか見てると、「感激したー!」とか、前評判通りの評価が山ほどあるんだけど。 その原因を考えてみると、結局、三谷脚本って、「犬伏」に至る過程は、ずーっ…

仮面ライダーゴースト 第47話「呼応!それぞれの覚悟!」

今回のエピ、話運びが、随分まっとうだったので、「やれば出来る子」じゃん、なんで普段からこうしないのよ、って思った後で、脚本を確認したら福田氏だった(笑)。(また、やられちゃったよ。今回は良い方だったけど) うーん、chikaの頭の中では、もう福…

WEB文筆、虫螻蛄道③

カクヨムについては、ようやく自分なりの整理が付いてきました。 これまで、モヤモヤといろいろな事を考えてきたけれど、これはカクヨムがWEB小説投稿サイトだと考えていた前提自体が引き起こしていた混乱、つまりスタート地点自体が間違っていたという事…

真田丸 34話 「挙兵」

春ちゃん、アンギラス、、。あの怪獣咆哮、びびった(笑)。 まあ、それは置いておいて、ようやく主人公が信繁、いや信幸とパパ含めての真田家に回ってきたって感じですね。 その間、長かったぁ、って別に嫌じゃなかったですけどね。 それと「今度は三成が主…

仮面ライダーゴースト 第46話「決闘!剣豪からの言葉!」

出ました、データ人間による真剣白刃取り! でも考えてみれば、データ人間が宮本武蔵の「何故か不滅の魂」と会話して、その奥義を伝授されてるんだよ、、スゲーんじゃないですか? こんな設定、普通いくら頭を絞っても考え出せない(笑)。 「いい加減脚本進…

真田丸 第33回 「動乱」

三成が細川忠興を取り込もうと持参した手みやげの干し柿シーンの描写で、アラッと思いましたね。 (この辺りの史実ってか、諸説別れる伝聞みたいなのがあるらしいですが) どうしてかと言うと、始めて昌幸パパが秀吉にお目通りをする前の献上品チェックで「…

仮面ライダーゴースト 第45話「戦慄!消えゆく世界!」

おおっ暗い、これは長谷川? おおっタコ焼き出た、これは長谷川? で、いとも簡単にビルズ社長をイゴールから開放、あのグル設定を早く終わらせたかったのね。 で、最後にクレジットを確認、やっぱ長谷川脚本だったー(笑)。 うーん、一つの話を三人の脚本…

真田丸 第32回 「応酬」

秀吉亡き後、家康と三成の対立構造が鮮明に、とは言うけれど、力量的に見て「対立」になってない所が見ていても苦しいですね。 それなりに「義」は、三成にあるんだけれど「現実面の正義」から言っても、政治的実力からしても、全て家康が上回っているわけで…

ニューハーフな心で世界をおしおきよ!!